Mr.ドラマ(略してミスドラ)

Mr.はミスチルのMr.です。笑

ドラマ「コード・ブルー2nd season」の名言②〜ドラマ名言シリーズ〜

スポンサーリンク

今回の「ドラマ名言シリーズ」は、「コード・ブルー2nd season」からの名言です。

2018年7月27日に映画版が公開されることが決定したことを記念して、シーズン2からの名言をお送りします!!

ということで、今回は第3話から第4話までの名言達をどうぞご堪能あれ!!

1st seasonの名言はこちら!!

www.mrdorama.com


ドラマ「コード・ブルー2nd season」とは??

山下智久新垣結衣戸田恵梨香比嘉愛未浅利陽介の大人気医療ドラマシリーズの第2弾!!

キャッチコピーは、
「この国には、もっと救える命がある。」




第3話 「真実と嘘」

2010年1月25日放送
視聴率17.2%

◎人は真実を知りたがるby.藍沢のナレーション
「人はなぜ本当の事を知りたがるのだろう
良い結果をもたらす嘘は
不幸をもたらす真実よりいい
昔読んだ本の一節だ
なのに人は真実を知りたがる
そして不幸が始まる」



◎真実をby.藍沢
「言うべきだと思います。
たとえ残酷でも、
真実を知らされる方がいい。」



◎医者は事実をby.藍沢のナレーション
「嘘をつくなら
いっそ嘘をつき通してほしいと思うこともある
だけど
医者にそれは許されない
事実を伝えるのが医者の仕事だ
医者は事実を伝えなければならない
たとえそれがどんな残酷な事実だったとしても」




第4話 「過ぎし日」

2010年2月1日放送
視聴率16.2%

◎過去by.藍沢のナレーション
「既往歴
過去の病歴を聞くのは
医者にとって大切な仕事の一つ
それによって診断は左右され
処置も変わってくる
そう
それは人だって一緒
いつだって人は過去に左右されとらわれる
苦い過去
辛い過去
切ない過去
たまに過去と決別する者もいるが
たいていの場合
人はそれを引きずっている」



◎緋山から白石へ
「過去にとらわれてんのはあんただけじゃないよ。
初療室で処置してるとき、時々蘇るんだ。
自分が呼吸器つけてた苦しさ痛み。
心房細動は治ったけど、事故のフラッシュバックで、息が止まりそうになる時がある。今でも。
でも、私は同時に思い出す。
私を助けてくれた黒田先生、藍沢、救命のみんな。
それから、、あんた。
だから頑張れるんだよ。
一人で出来ることなんてたかが知れてる。
何でも自分だけで抱え込まないで。」



◎一人でも生きていけるby.藍沢
「俺には両親がいない。
物心ついたときから。
でも、親が欲しいなんて思ったことは一度もない。
一人でも生きていけるんだ、人は。」



◎一緒にいさえすれば

患者「私に育てられるかな。。」

藍沢「授業参観は行ける時だけ行けばいい。
ただ、運動会は少し無理してでも行ってやってくれ。
担任の先生とする二人三脚はつらい。
俺に残ってる親との思い出は、ただ一度父親に頭をなでられたことだけだ。
いい子にしろよって。
家を出て行く日。
一緒にいさえすればいいんだ。
ただ子供と一緒にいてやれば。
それだけで。」

患者「先生のおばあちゃんに聞けばいいのかな?育て方。
だって、先生みたいに育ってほしいもん。」



◎変わらないもの

彼氏「怖いんだ。
外見も中身も。
毎日どんどん醜くなっていく自分が。」

冴島「そうね。
あの頃のあなた輝いてた。
いつもずっと私の前歩いてた。
きっとそこに憧れた。
あなたは確かに変わった。
でも、好きっていう気持ちは少しも変わらないの。
だからつらい。。」



◎ 過去by.藍沢のナレーション
「過ぎ去った日々は
決して戻ってこない
そして
取り消すこともできない
自らの生きた今が
明日には過去の思い出となる
つまり
過去は自分の生きた証だ
だがどうすればいいのだろう
思いもよらない過去に
知る由もない過去に
突然出会ったとき
人はどうすればいいのだろう」


コード・ブルー2nd」の名言の続きはこちら!!

www.mrdorama.com