Mr.ドラマ(略してミスドラ)

Mr.はミスチルのMr.です。笑

ドラマ「コード・ブルー2nd season」の名言④〜ドラマ名言シリーズ〜

スポンサーリンク

今回の「ドラマ名言シリーズ」は、「コード・ブルー2nd season」からの名言です。

2018年7月27日に映画版が公開されることが決定したことを記念して、シーズン2からの名言をお送りします!!

ということで、今回は第7話から第8話までの名言達をどうぞご堪能あれ!!

1st seasonの名言はこちら!!

www.mrdorama.com


ドラマ「コード・ブルー2nd season」とは??

山下智久新垣結衣戸田恵梨香比嘉愛未浅利陽介の大人気医療ドラマシリーズの第2弾!!

キャッチコピーは、
「この国には、もっと救える命がある。」




第7話 「あやまち」

2010年2月22日放送
視聴率15.9%

◎人は結果でしかby.緋山のナレーション
「結果より努力する過程が大切だ
そんなこと真っ赤な嘘だと
大人になって人は気付く
人は結果でしか物を見ない
手を抜いて結果が悪ければ納得がいく
問題は死ぬほど努力して結果が悪かった時
そんな時人は
私たちはどうすればいいんだろう?」



◎緋山の涙

「最初にね、ありがとうって言われたのは、ナースの代わりに点滴の針入れた時。
先生上手ね、全然痛くないよって。ありがとうって。
だから、あの「ありがとう」だけは絶対忘れたらダメだって。そう思ってやってきた。
なのに今日、人殺しって言われた。
人からあんな憎いっていう目で見られんの初めてだった。。
ちょっと、、ちょっとこたえた。。」



◎結果が全てby.藍沢

「結果が全て。
結果が良ければ、勇気ある決断と言われるし、
悪ければ、人殺しと罵られて裁判にかけられる。
誰もその過程には目を向けない。
それが俺たちの仕事だ。

それが良くて、俺はこの仕事を選んだはずだった。
時々どうにも虚しくなる。」



◎亡くなった冴島の彼氏が残した留守電
「俺です。
今日は準夜勤か。
電話は当分出られないんだな。
とにかく何とかクリスマスは乗り切った。
次は春までだな。
春になったら桜見に行こう。
すごく良い場所があるんだ。
そこに、はるか連れて行きたい。
あの桜見せてやりたい。
そしたらまた次の目標。。」



◎結果とはby.緋山のナレーション
「結果とは何て残酷なものだろう
大学の医学部での6年間
100冊を超える医学書
全て将来患者を救うためと
信じて費やした途方もない時間
それも悪い結果が出ると
全て吹き飛ばしてしまう
たった一度のミスで全てを失ってしまう
そして医者は傷つく
その悪い結果は連鎖し
予想も出来ない結果を連れてくる」




第8話 「理由」

2010年3月1日放送
視聴率15.3%

◎医者は何のためにby.白石のナレーション
「月300時間を超える労働
徹夜続きの研究
そのために友人を失い家族からも疎まれる
大切なことを犠牲にして
医者が身を粉にして働く理由は何だろう
お金?
名誉?
医者は何のために働くのだろうか?」


◎医者が謝るべき時はby.田所先生
「あなたは本当に頭を下げなくてはいけないようなことをしたんですか、翼くんに対して。
カルテには医療的な処置は書いてあっても、患者やまして患者の家族との心のやりとりは書かれていない。
それが最も大切なことなのにです。
医者が謝るべき時はただ一つ。
患者のためにならないことをした時だけです。

あなたはどちらだったのかきちんと話すべきです。」



◎そんな医者はby.緋山

「翼くんを事故現場から運んで、私達は処置をしました。3日に渡ってオペをして結局救えませんでした。何も出来なかったんです。
私は直美さんに伝えました。
翼くんの目は何も映さず、耳ももう聞こえない、何も考えることもなく、目の前の翼くんはもう生きていないと。
残酷な事実だと思います。
直美さんがどんな思いで、その途方もない悲しみを受け入れてくれたのか、私にはとても想像もできない。
無数のチューブと呼吸器でベッドに縛り付けられている翼くんの命が消えようとしている時、「抱きしめたい」と言われた。「抱きしめてやりたい」と。
私はせめてそれを叶えさせてあげたかった。私に出来ることはそれぐらいしかなかったんです!
DNRオーダーは、翼くんを死なせるって書類なんです!直美さんはすでに意思表示されていた。なのに、そんな書類にサインをさせろって言うんですか!?家族を死なせることに同意する書類に!?
翼くんを救えなかった。
だったらせめて残された家族の悲しみに寄り添いたかった。私は、平気でそんなものにサインをさせる医者は狂ってると思います。」



◎藤川から冴島へ

「亡くなった人はすぐに忘れろなんて言ったのは間違いだった、ごめん。
引きずっていいんだよ。当たり前だよな。
そりゃ時間かかるさ。無理に忘れる必要なんてない。その間、俺に出来ることがあればフォローするから。」



◎白石と父の電話
「でもな、別に今も悪いことばかりじゃないよ。こんなになってもまだ私を慕ってくれる患者さんもいる。部下もいる。誇れる仕事もある。何より大切に思ってくれてる家族が。娘がいる。
これでも意外と毎日幸せなんだ。良い人生だって思ってる。癌になったのは残念だけどな。」

白石「お父さん。
1日でも長く生きて。
私、1日でも早くちゃんとした医者になるから。
ちゃんとやれてるってとこ見せるから。
だから、、だからそれまで生きて。

お父さん。。
お願い。。」



◎藍沢からばあちゃんへ

「ばあちゃん、苦しかっただろう?
あんな事実全部のみ込んで、生きてくれてたんだな。俺のために。
毎年の母さんの墓参りも、あんなもの抱えて手合わせてたんだな。
これからは、俺にも半分背負わせてくれ、その荷物。
もう持てるよ。

今年の母さんの墓参りは、今までとは違う気持ちで行けると思う。
だから、その時はばあちゃん、隣にいてほしい。
テストで100点取ったとき、ばあちゃん喜んでくれた。受験に合格したときも、ばあちゃん笑ってくれた。
今まで俺が頑張ってこれたのは、ばあちゃんがいたからだ。
ただばあちゃんの喜ぶ顔が見たかった。」



◎何のために医者をやるのかby.白石のナレーション
「何のために医者をやるのか
世の中に必要とされてる充足感?
人を救うという使命感?
いや
本当の理由は
大切な人の笑顔のためだったり
患者からのありがとうの言葉だったり
たったそれだけのことで
医者は全てを犠牲にして頑張れたりする」

緋山「でも
それすらも信じられなくなった者は
どうすればいいんだろう」



◎緋山の悲しみ
「私さ、もう患者怖いわ。
あんなことで人殺しみたいに言われる。
患者さんのためにとやってたことなのに。
ちょっと間違えれば、たちまち憎しみの込もった目で見られる。
もう患者相手にすんの怖いよ。。
怖い。。」


コード・ブルー2nd」の名言の続きはこちら!!

www.mrdorama.com