Mr.ドラマ(略してミスドラ)

Mr.はミスチルのMr.です。笑

ドラマ「プロポーズ大作戦」の名言⑦〜ドラマ名言シリーズ〜

スポンサーリンク

今回の「ドラマ名言シリーズ」は、「プロポーズ大作戦」からの名言です。

4月から長澤まさみの月9が始まることを記念して、プロポーズ大作戦からの名言をお送りします!

リアルタイムの放送時は、私も高校生ぐらいだったんですが、今社会人になって見直してみると、ただの恋愛ドラマじゃなくて、人生で大切なことを教えてくれる名言がいっぱい!!

青春を思い出させてくれて、ちょっぴり切ない気持ちにもさせてくれる名作です。

ということで、今回は第11話(最終回)の名言達をどうぞご堪能あれ!!

ドラマ「プロポーズ大作戦」とは??

長澤まさみ✖️山下智久の原作なしのオリジナル月9恋愛ドラマ

◎脚本
金子茂樹
「SUMMER NUDE」「今日は会社休みます。」「世界一難しい恋」「ボク、運命の人です。」「もみ消して冬〜わが家の問題無かったことに〜」


主題歌 「明日晴れるかな/桑田佳祐

歌詞が、このドマラにピッタリ過ぎる!!
このドラマで伝えたいメッセージが凝縮された名曲です!!
(サビとか関係なく、自分が好きなフレーズを大文字にしてます。)

熱い涙や恋の叫びも
輝ける日はどこへ消えたの?
明日もあてなき道を彷徨うなら
これ以上元には戻れない

耳を澄ませば心の声は
僕に何を語りかけるだろう?
今は汚れた街の片隅にいて
あの頃の空を想うたびに

神より賜えし孤独やトラブル
泣きたい時は泣きなよ
これが運命でしょうか?
諦めようか?

季節は巡る魔法のように

Oh,baby. No,maybe.
「愛」失くして「情」も無い?
嘆くようなフリ
世の中のせいにするだけ

Oh,baby. You're maybe.
「哀」無くして「楽」は無い
幸せのFeeling
抱きしめて
One more time

在りし日の己を愛するために
想い出は美しくあるのさ
遠い過去よりまだ見ぬ人生は
夢ひとつ叶えるためにある

奇跡のドアを開けるのは誰?
微笑みよ もう一度だけ
君は気づくでしょうか?
その鍵はもう
君の手のひらの上に

Why baby? Oh,tell me.
「愛」失くして「憎」も無い?
見て見ないようなフリ
その身を守るため?

Oh,baby. You're maybe.
もう少しの勝負じゃない!!
くじけそうなFeeling
乗り越えて
One more chance.

I talk to myself...

Oh,baby. No,maybe.
「愛」失くして「情」も無い?
嘆くようなフリ
残るのは後悔だけ!!

Oh,baby. Smile baby.
その生命は永遠じゃない
誰もがひとりひとり胸の中で
そっと囁いているよ

明日晴れるかな...」

遥か空の下




第11話(最終回) 「涙の告白は奇跡を呼びますか」

2007年6月25日放送
視聴率20.9%

◎健の存在by.礼

「私ね、高校の頃とか、なんで私たち幼なじみなんだろうって、ずっと思ってたんだ。
幼なじみじゃなかったら、もっと素直になれてたかもしれないとか。
こんなに苦しい思いしなくて済んだのにとか、色々思った。
でも、そこを否定するのは違うって気づいたの。
その時はつらかったり失敗だなって思ったとしても、それがなかったら今の私がここで笑ってないと思ったら、後悔することなんて一つもないって思ったの。
私、健に出会えて本当に良かったって思ってる。
これから先、色んなことがあると思うけど、
健の存在だけは変わらないと思う。

今までずっと健の前では素直になれなかったけど、健がいてくれたから、今の自分がいるんだって思ってる。
ありがとね。
本当にありがとう。」



◎大人になるとby.健
「礼は過去に逆らうことなく
今を生きていた
過去のすべてを受け入れて
揺るぎない今を生きていた
過去をやり直そうと
もがいてきた俺にとって
礼の潔さはまぶしく
そして胸にしみた
どうして子供の頃はあんなに簡単に出来たことが
大人になると複雑で難しくなってしまうんだろう」



◎まだ飛べるby.健
「たかがグライダーだったけど
まだ飛べる
そう思えた」


◎健の決意

「失敗することよりも
やらなかった後悔の方が
何倍もつらいことを
後から知った
今進もうとしてる先に
奇跡の扉があるかわからないけれど
自分自身を信じてみようと思った」


◎エリから礼へ

「私ね、礼は一番の親友だと思ってる。
礼が幸せになることをホントに願ってんの。
どうしようか、すっごい迷ったんだけど、、
礼はホントに大事な人だから。
だから、ちゃんと納得のいく答えを出してほしいって思った。

ただの偶然だと思って、見過ごしちゃえばいいだけの話なのかもしれないけど、
私の手もとにこうして巡ってきたことにも、
なんか意味があるような気がして。」



◎健のやるべきこと
「過去に戻って
礼のために
無我夢中で走ってきた
でも
今という時間の中で
礼と向き合うことは
まだ一度もできていなかった

そう
俺にはやるべきことが
一つだけ残っている」



◎健と妖精

妖精「何度も言ってきたが、
お前が過去でやろうとしたことは、
たかだか過去の数時間を変える作業だ。
身をもって分かったと思うが、
自分の気持ちや考え方ですら、
そんな短い時間で変えられるもんじゃあない。
ましてや、人様の感情だ。
変えることは、非常に困難だと言わざるをえない。
過去ではなく、現在で勝負しようって決めたんだろ?」

「えぇ。これが本当に正解かどうかわかんないすけど、決めました。
今まで過去に戻って、後悔したことを全力でやり直してきました。
もう後がないのに最後の一歩が踏み出せなかったことも、頭でばっか考えて空回りしていたことも、最後の最後まで正面から気持ちをぶつけられなかったことも、
結局自分なんだなって。
改めて実感しました。
そう思えたのも、過去に戻してもらったおかげです。
本当に感謝してます。」

妖精「大事なことは、過去を嘆く今ではなく、今を変えようとする未来への意志だ。
教会で最初に見かけた時とは、別人のような顔してるな。
あの時は、この世の果てから帰ってきたようなヒドイ顔をしていた。
今は、若い頃の俺そっくりだ。」

「妖精か!」

妖精「妖精に対してそのツッコミは不適切だ。」

「すいません。」

妖精「不思議なもんで、出来の悪いやつほど目をかけてやりたくなるもんだ。
歴代見てきた人間の中で、お前の意気地の無さと往生際の悪さは群を抜いていた。
彼女を想う気持ちも群を抜いていた。
お前の成長を、俺は心から喜んでいる。
そしてお前のこれからを楽しみにしている。
過去からここへ戻したのは、俺からの置き土産だ。
過去に戻って必死にもがき苦しみ、ようやくたどり着いた答えを披露するに相応しい場所を、俺は用意してやった。
求めよ!さらば与えられん。
尋ねよ!さらば見出さん。
扉を叩け!さらば開かれん。
さぁ!胸を張っていけ。」



◎健の感動感動感動のスピーチ

「多田さんには申し訳ないですが、
礼が結婚を諦めてくれればいいと思ったことがあります。
礼を連れ去ってしまいたいと思ったこともあります。
14年間、楽しいときもつらいときも苦しいときも、ずっと一緒に過ごしてきた礼を幸せにできるのは僕しかいないと本気で思っていました。
気に食わないことがあるとすぐにふてくされる礼を、掃除や仕事をサボっているとすぐに怒り出す礼を、意地っ張りで全然素直じゃない礼を、一番知っているのは僕です。
強い人間に見えて実はすごく繊細な礼を、
自分の事は二の次で誰よりも仲間思いな礼を、
ユニホームの洗濯が抜群にうまい礼を、
いつもただそばにいてくれた礼を、
一番必要としていたのは僕でした。
でも結局、心の中で思っているだけで、
礼の前では一度も素直になれませんでした。
あんなにそばにいて、
いつでも言えると思っていた言葉が、
結局一度も言えませんでした。
たった一言が一度も言えませんでした。
僕は、、、
僕は、、、
礼のことが好きでした。
正直言うと、
今でも礼のことが好きです。

でも、礼は今日、多田さんと結婚します。
悔しいけど、結婚してしまいます。
礼の存在は、僕の中ですごく大きかったから。
この言葉にたどり着くまでに、
随分時間がかかってしまいました。
礼。
結婚おめでとう。
幸せになれよ。
幸せになんなかったら、、、
幸せになんなかったら、、、
マジで許さないからな。」

→「大好きな人へ!ドラマの恋愛名言」にランクイン!!
www.mrdorama.com



◎健の優しさby.礼

「私のそばには
いつも岩瀬健がいた
私の思い出には
必ず健の姿があった
健の優しさは
いつもどこか寄り道をして
ちょっとだけ遅れて
私に届く

今なら気付ける
その不器用な優しさに
あの頃の私は
なかなか素直になれなかった
嬉しいのに
嬉しいと言えない自分が
いつももどかしかった
傷つくのが怖くて
最後まで勇気を持てなかったのは
私だった
健の優しさを
信じきることができず
諦めてしまったのは
私だった
もう振り返らないと決めて
一方的に
目をふさいでしまったのは
私だった
健はいつも本気で投げ続けていた
受け止めきれなかったのは
私の方だった。。」



◎結ばれるしかない運命by.多田さん

「礼。
僕は誰の手にも変えられない運命って、
絶対に存在すると思ってる。
それがどんなに困難に見えても、
結ばれるしかない運命ってあると思ってる。

もし、何か迷ってることがあるんだったら、
はっきりさせてくれば?
二十歳の誕生日の時と、同じ顔してる。
あの時は、前からずっと抱えてた問題の答えを探すか、目の前のコンペの課題を取るかどっちにするかで迷ってたでしょ。
今、あの時と同じ顔してる。
もし、礼が迷ってるんだったら、今から賭けをしない?
確率は2分の1。
もし、ボタンがないほうを選んだら、きれいさっぱり諦める。
もし、ボタンがあるほうを選んだら、今抱えてる問題をはっきりさせてくる。
大丈夫。
僕たちが本当に離れない運命にあるんだったら心配ない。
選んで。」

「行ってきな。
礼が選んだんだよ。
ほら。
礼?」



◎再び礼がケンゾーと呼んだ瞬間

「健!
ケンゾー!
ケンゾー!
ケンゾー!
ケンゾー!!!」



◎もしあのときby.礼
「私たちの人生は
いつもすれ違ってばかりだった
これ以上すれ違うのが怖くて
もう迷ったり揺れたりしないと
あのとき決めたはずだった
もし
もしあのとき
自分に素直になっていれば
ずっと言えなかった一言を
好きです
の一言を
言うことができたのだろうか」



◎妖精から礼へ

「J.Sヴェイスという人がこう言っている。
男は初恋を諦めることができず、
女は最後の恋を諦めることができない。

お前は女であるにもかかわらず、
初恋を諦めきれないでいる。
お前の言いたいことは分かってる。
できることなら、あの頃に戻って人生をやり直したい。
違うか?
一つ非常にためになる話をしてやろう。
ある一人の男が、悔やんだ過去をやり直す旅に出た。
男は必死で過去を変えようと努力したが、
奇跡の扉が開くことはなかった。
旅の果てに、男は気づいた。
いくら過去をやり直しても、
結局自分は自分でしかないんだと。
そして思った。
過去を嘆く今よりも、
今を変えようとする未来への意志が一番重要なんだと。

今からでも間に合うと思わないか?」


◎最後のセリフ
「ケンゾー!!」
by.礼


プロポーズ大作戦SP」の名言はこちら!!

www.mrdorama.com




プロポーズ大作戦」の名言を観よう!!



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村