Mr.ドラマ(略してミスドラ)

Mr.はミスチルのMr.です。笑

人生で大切なことを教えてくれる!ドラマの名言〜ドラマ名言シリーズ〜

スポンサーリンク

「ドラマ名言シリーズ」☆

今回は、人生で大切なことを教えてくれるドラマの名言をまとめました!

生きる上で重要なことに気付かせてくれる名言たちばかりです!

随時、追記していく予定です。

プロポーズ大作戦」からの名言

◎奇跡の扉by.妖精
「奇跡の扉を開ける鍵は、誰の手にも握られている。
ただ、それに気付く人は、ほんのわずかしかいない。
運命を変えるほどの大きな奇跡は、そうそう訪れない。
変えたいと思う、小さな一歩を重ねることで、いつの日か奇跡の扉は開く。」



◎時間by.妖精
「時間には限りがある。
有効に使うか無駄にするかは、
使い方次第だ。
それは過去も現在も何ら変わらない。」



◎人間の大半はby.妖精
「人間の大半は、何かが終わってから本当の事実に気づく。



◎何気ない日常by.ケンゾー
「高校の頃、時間だけは常にあり余っていて、それが無限に続く気がしていた。
礼と一緒にいる何気ないこの日常が、
やがてかけがえのない思い出に変わってしまうなんて、6年前には知るはずもなかった。」




◎まさかby.妖精
「人間は、自分の不都合なことがあると、「まさか」や「偶然」という言葉に頼ろうとする悪い癖がある。
お前、今日だけで何回物事を「まさか」で片付けようとした?
まさか、寝坊するなんて。
まさか、スピーチで泣きそうになるなんて。
まさか、彼女が彼と結婚するなんて。
物事には全て理由がある。
俺とこうして出会ったことも。
お前が、激しく後悔したっていう理由がある。
本質から目をそらしては、いくら過去に戻ったところで何も変わらないということだ。」



◎人間は理由を求める生き物by.妖精
「人間とは、物事がうまくいかなかった時に、理由を求める生き物である。
状況やタイミング。天気や運勢。
様々な言い訳を引っ張り出しては、自分を慰める。
こんなはずではなかった。
もう一度やり直せればと。
やり直せれば、ホントにうまくいくのだろうか?
一度目で出来なかったことが、
二度目で出来る自信はどこから来るのだろうか?

男の名前は岩瀬健
今、この男の本当の実力が試されている。
幼馴染ゆえの淡い関係を卒業し、
正面から彼女と向き合うことができなければ、未来を変えることなど到底かなわない。
果たしてこの男に幸せは訪れるのであろうか?」



◎今度やろうはby.礼のじいちゃん
「今度やろうは馬鹿野郎。
明日やろうも馬鹿野郎。
思い立ったらすぐ何でもやらなきゃダメだ!」



◎言わないでも伝わるなんてby.礼のじいちゃん
「言いたいと思ったら言う。
言わないでも伝わるなんて思ったら大間違いだぞ!」



◎礼のじいちゃんからケンゾーへ
「言っとくが俺の目の黒いうちは、おめえなんかに礼はやらんぞ。
何でもっと積極的にいかねえんだ?え?
後悔するなよ。
いつも明日が来ると思ったら痛い目にあうぞ。
明日やろうは馬鹿野郎だ。」



◎ケンゾーから礼へ

「ちゃんとできるときに、やんなきゃダメなんだよ!
いつも近くにいると思って先延ばしにしちゃダメなんだよ!

何度も会いに行けよ。
会いたいと思ったら、何度も会いに行けよ。
美味しいと思ったら、ちゃんと伝えてやれよ。
じいちゃんと同じことしてやれよ。
俺みたいに後悔すんぞ。
明日やろうは馬鹿野郎なんだよ!」



◎決めつけはタブーだby.妖精
「勝手にダメだと決めつけて、チャレンジもせずに諦める。
お前に限らず、人類全般に言えることだな。
ぶつかりもせずに自らの手で奇跡の扉を閉じていては、幸せなど舞い込むわけがない。
当たって砕けろって言葉があるが、ホントに砕けた人間なんて見たことあるか?
人間は丈夫な生き物だ。
相手に気持ちを伝えたぐらいで砕けはしないよ。
いいか?決めつけはタブーだ。
よく肝に銘じとけ。」



◎エリの言葉
「多分さ、向いてるとか向いてないとかじゃないんじゃないかな。
失いたくないものがあるときにさ、格好悪くても思い切って一歩が踏み出せるかどうかなんだろうね。」



◎自分の殻by.妖精
「自分の殻を破れんのか?
彼女のそばにいた14年間で一度もできなかったことをやろうとしてんだぞ。
口でいくらやると宣言したところで、
自分の殻を破れなければそんなことできるはずがない!
殻を破るということは、多少の痛みを伴うものだ。」



◎自分への苛立ちby.ケンゾー
「鶴に言った言葉は、チャンスを見送ってばかりいた自分に対する苛立ちだった。
結果や体裁ばかり気にして、一度も全力でバットを振らないまま試合を終えてしまった自分への苛立ちだった。
もし間に合うなら、どうか、どうかもう一度チャンスをください。
バッターボックスに立つチャンスをもう一度だけください。」



◎運命とはby.ケンゾー
「運命とは、どうしてこんなにも切なくできているのだろう。
人が幸せになりたいと願うとき、
どうして誰かが悲しまなければならないんだろう。

でも、どうしても多田さんよりも先に、
礼に伝えたい言葉がある。
俺は礼が好きだ。
そう。
泣きたいくらい好きだ。」



◎妖精からケンゾーへ
「お前は何度同じ失敗をすれば気が済むんだ!?
なんでタイミングやきっかけに頼ろうとすんだよ!?
この信号が変わったら告白しよう。
この車が通り過ぎたら言おう。
二人きりになったら気持ちを伝えよう。
そんな小さなことにこだわってるから、
大きな幸せがつかめないんだよ!」




◎妖精の言葉
「かの有名なエープラハム・リンカーンはこう言っている。
あなたが転んでしまったことに関心はない。
そこから立ち上がることに関心があるのだ。

と。
失敗にめげず再び立ち上がるのか。
教訓を得て別の道を目指すのか。
それとも自分の不幸を嘆き続けるのか。」



◎終わるのって簡単なんですby.多田さん
「終わるのって簡単なんですよね。
終わるのって、ホント簡単なんです。
歳をとってけば、自然となくなってるもの。
たくさんあるんです。
無理してやらなくていいこととか、
やる必要のないことたくさんあると思うんですよね。
無駄とか面倒の一言で片付けられること、
これからいっぱい出てくると思います。
でも、記憶とか思い出ってそういうところで生まれるもんだと思うんですよね。
もったいないと思います。
はたから見てても、五人の関係ってうらやましいなと思ってたんで。」



◎ダメもとby.ケンゾーの上司
「ダメでもともとって、
良い言葉だと思わないか?
周りを見てみろよ。
ダメもとでやってることが、
ことごとくダメだったら、
人生やってらんないけど、
そうじゃないだろ?
ダメもとがたまに成功しちゃうから、
人生面白いんだよ。
失敗しても当たり前。
成功したら男前。」



◎幸運をつかむ条件by.妖精
「幸せは
どこに転がっているかわからない
思いがけない幸運は
思っている以上に
身の回りで起こっているのかもしれない
予期せぬ幸運をつかむには
一つだけ条件がある
どんなに不運を嘆いても
全く気分が乗らなくても
かまわない
とにかくその場に参加すること
これこそが
幸せの扉を開ける第一歩である」



◎逆転ホームランを打つ方法by.妖精
「もし、ここから逆転劇を演じれたとしたら、それは驚きというよりもはや奇跡だ。
起死回生の逆転ホームランは、誰にだって打てるわけじゃない。
当たり前の話だが、ホームランを打てるだけの実力がなければいけない。
それともう一つ重要なことがある。
それは、逆転の場面で打席に立っているかどうかだ。
幸運なことに試合が延長になって、
もう一度お前に打席が回ってきた。」



◎奇跡の扉を開ける鍵by.妖精
「奇跡の扉を探し続けるんだよ!
どうしても運命を変えたい。
そう願い続けることでしか、奇跡の扉は開かないようにできてる。
奇跡の扉を開ける鍵は、
お前の心の中にしかないんだよ。

お前はそれに気づいてないだけだ。
岩瀬健
お前ならできる。」



◎健の決意

「失敗することよりも
やらなかった後悔の方が
何倍もつらいことを
後から知った
今進もうとしてる先に
奇跡の扉があるかわからないけれど
自分自身を信じてみようと思った」



◎健と妖精

妖精「何度も言ってきたが、
お前が過去でやろうとしたことは、
たかだか過去の数時間を変える作業だ。
身をもって分かったと思うが、
自分の気持ちや考え方ですら、
そんな短い時間で変えられるもんじゃあない。
ましてや、人様の感情だ。
変えることは、非常に困難だと言わざるをえない。
過去ではなく、現在で勝負しようって決めたんだろ?」

「えぇ。これが本当に正解かどうかわかんないすけど、決めました。
今まで過去に戻って、後悔したことを全力でやり直してきました。
もう後がないのに最後の一歩が踏み出せなかったことも、頭でばっか考えて空回りしていたことも、最後の最後まで正面から気持ちをぶつけられなかったことも、
結局自分なんだなって。
改めて実感しました。
そう思えたのも、過去に戻してもらったおかげです。
本当に感謝してます。」

妖精「大事なことは、過去を嘆く今ではなく、今を変えようとする未来への意志だ。
教会で最初に見かけた時とは、別人のような顔してるな。
あの時は、この世の果てから帰ってきたようなヒドイ顔をしていた。
今は、若い頃の俺そっくりだ。」

「妖精か!」

妖精「妖精に対してそのツッコミは不適切だ。」

「すいません。」

妖精「不思議なもんで、出来の悪いやつほど目をかけてやりたくなるもんだ。
歴代見てきた人間の中で、お前の意気地の無さと往生際の悪さは群を抜いていた。
彼女を想う気持ちも群を抜いていた。
お前の成長を、俺は心から喜んでいる。
そしてお前のこれからを楽しみにしている。
過去からここへ戻したのは、俺からの置き土産だ。
過去に戻って必死にもがき苦しみ、ようやくたどり着いた答えを披露するに相応しい場所を、俺は用意してやった。
求めよ!さらば与えられん。
尋ねよ!さらば見出さん。
扉を叩け!さらば開かれん。
さぁ!胸を張っていけ。」


◎「プロポーズ大作戦」の全ての名言はこちら!
www.mrdorama.com




過保護のカホコ」からの名言


「人生で本当に知りたいことは、ネットなんかに出てない!そういうことだ!」
by.ハジメくん


なんでもかんでも、ネットで検索しようとするカホコにハジメくんが言ったセリフ。
確かに、ネットは便利、超便利!
色々悩んだ時にネットで調べると、参考になる情報めっゃありますけど、最終的に決断を下し答えを出すのは自分自身だってことだと思います。私なりの解釈です笑



「私、こんなの初めて。
また明日って、こんなに素敵な言葉だって知らなかったから。この世界で、家族以外にも自分を必要としてくれてる人がいて、いつでも会いたいって思ってくれるのって、こんなに嬉しいんだね。なんか、私も生きてていいんだよって言われてるみたいで。
また明日ね。」

by.カホコ


今回も出ました!カホコの「こんなの初めて」シリーズ!笑
この名言は何度観ても泣けるシーンです。
どこかで聞いたことある言葉だと言えばそうなんですが、カホコが言うからこそ胸に響く。



「子育てで、後悔しない母親なんていないわよ〜。
私だって、あんた達にもっと色々なことしてあげれば良かったって散々思うし。
でもね、最後は覚悟を決めるしかないわよ。
たとえ子供が転んでも立ち上がると信じて。
愛するより、信じる方が難しいんだから。」

by.ばぁば


ばぁばの名言!過保護のカホコに出てくる人物で唯一まともな人間のばぁば!笑
これは深いセリフ過ぎて泣いちゃいます。



「ママ。私、こんなの初めて。
自分がママのこと、なんにも知らなかったんだなって気付いた。今までママはママでしかなかったんだけど、そうじゃなくて、ママも私と同じ女の子だったんだよね。
私ずっと考えてたんだ。ママはどうして出ていっちゃったんだろうって。なんかママが出てったのは意味があるんじゃないかなって。でね、やっとわかったの。
きっと神様がママのこともっと知りなさいって言ってくれてるんだなと思って。
ママの愛は当たり前だって思ってたんだけど、全然当たり前なんかじゃないんだよね。すっばらしいものなんだよね!宝物なんだよね!ママの愛は偉大なんだよね!
今まで気付かなくてごめんね、ママ。ママのことわかろうとしなくてごめんね。」

by.カホコ



「私、こんなの初めて。
さっきね、ハジメくんにカホコ、カホコって名前呼ばれたときにね、気付いたの。
自分の名前を呼ばれるのって、こんなに嬉しいことなんだなって。自分の名前を大好きな人にどれだけ呼ばれたかで、自分がどれだけ幸せかわかるんだなぁって。
そう思ったら、カホコって、めちゃくちゃ幸せ者なんじゃないかなって。だって、ママにもパパにもじぃじにもばぁばにも家族のみんなに今まで何度も何度もカホコ、カホコって呼ばれてきたんだもん。
だから、今度は逆にいっぱいいっぱいお返ししたい。みんなの名前をいっぱいいっぱい呼んで、みんなを幸せにできるような人生を歩みたい。
ハジメくんと一緒ならそれができるような気がするの。」

by.カホコ



・体調が悪くベッドに寝たきりの状態のばぁばが、娘3人に今までのことを謝るシーン。


ばぁば「ごめんね、タマキ。
あんたのこと、弱い身体で産んじゃって。

ごめんね、セツ。
だって、あんたの小さい時、忙しくってかまってあげられなかったから。

イズミ。
だって、あんたには1番厳しく当たったから。
その反動で、カホコの事愛し過ぎたんじゃないの?
でも、大事なのは、その愛に自由があるかどうかよ。
カホコから考える事を奪わないで、イズミ。」



ばぁば「この家にお嫁に来てから、ずっと大変だったから、もう明日から何にも心配しなくていいと思うとホッとするけど。
でも、やっぱり、来年も、再来年も、みんなで、お誕生会やりたかった。」



ばぁば「ねぇ、私、私、ちゃんとやってこれたかしら?」

イズミ「当たり前じゃない!」

ばぁば「良い母親だった?」

タマキ「ママは、地上最強の母親よ!」

ばぁば「ごめんねぇ、ごめんねぇ、、、」

と全員が号泣するシーン。
家族全員を愛し、家族全員に愛された、1番のしっかり者のばぁばでさえ、自分の子育てに自信が持てず、娘達に泣きながら謝るんですね、、、誰がどう見ても完璧の母親なのに。
切なく心温まるシーンです。



・ばぁばからカホコへの最期の言葉。

ばぁば「カホコ。これからは、あなたがこの家と家族のこと守ってちょうだい。」

カホコ「何言ってるの?ばぁば。」

ばぁば「カホコなら、大丈夫よ。
だって、誰よりも一番ウチの家族の事愛してるじゃないの。」

カホコ「そんなこと言わないで。ばぁばは、もっともっと長生きするんでしょ?」

ばぁば「年取ったものは、必ず先に死ぬの。」

カホコ「やめてよ、ばぁば。」

ばぁば「どんなにつらくても、ちゃんと寝て、ちゃんと食べて、好きな人の手を離さないで。
カホコ。みんなのこと、頼んだわよ?」

カホコ「わかった。」

ばぁば「ありがとう。。。」

カホコ「ばぁば。大好きだよ。」

ばぁばは、カホコの良さを一番わかっていて、カホコなら自分の後継者として、家族を守っていける存在だとわかっていたんですね。。。


◎ドラマ最後のセリフ
ハジメくん「何してんだよ?」

カホコ「青空見てると、ばぁばのこと思い出すから。」

ハジメくん「そうだな。」

カホコ「どんなにつらくても、ちゃんと寝て、ちゃんと食べて、好きな人の手を離さないで、生きて行くから。
見ててね、ばぁば。」

最後は、ばぁばから貰った名言が出ました!!
ばぁばの事を思い出し、私はまた泣いてしまいました笑


◎「過保護のカホコ」の名言を観たい人は↓
www.mrdorama.com




リーガル・ハイ」からの名言

◎古美門の伝説のスピーチ

「見たまえ、彼らの満足そうなこの表情を。ズワイガニ食べ放題ツアーの帰りのバスの中そのものじゃないか。
黛くん、よく覚えておきたまえ。
これが、この国の馴れ合いという文化の根深さだ。
人間は長い年月飼いならされると、かくもダニのような生き物になるのだよ。」



「倍も生きていらっしゃるのに、ご自分のことがわかっていらっしゃらないようなので、教えて差し上げているんです。
いいですか?みなさんは、国に見捨てられた民。棄民なんです!
国の発展のためには、年金を貪るだけの老人なんで無価値ですから、塵取りで集めて端っこに寄せて、羊羹を食わせて黙らせているんです。
大企業に寄生する心優しいダニ、それがみなさんだ!!」



「かつて、この地は一面に、桑畑が広がっていたそうですよ。どの家でもカイコを飼っていたからだ。それはそれは美しい絹を紡いだそうです。それを讃えて、人々はいつしかこの地を絹美と呼ぶようになりました。
養蚕業が衰退してからは稲作に転じました。日本酒に適した素晴らしい米を作ったそうですが、政府の農地改革によってそれも衰退した。その後は、これと言った産業もなく過疎化の一途を辿りました。市町村合併を繰り返し、補助金でしのぎました。5年前に化学工場がやって来ましたね、反対運動をしてみたら、お小遣いがもらえた。多くは農業すら放棄した。
ふれあいセンターなどという中身のない立派な箱物も建ててもらえた。使いもしない光ファイバーも引いてもらえた。有り難いですねーー。
絹美という古臭い名前を捨てたら、南モンブラン市というファッショナブルな名前になりました。なんて、ナウでヤングでトレンディーなんでしょう。
そして今、土を汚され水を汚され病に侵され、この土地にももはや住めない可能性だってあるけれど、でも、商品券もくれたし、誠意も絆も感じられた。有り難い事です。本当に良かった、良かった。
これで、土地も水も蘇るんでしょう。病気も治るんでしょう。工場は汚染物質を垂れ流し続けるけれど、きっともう問題は起こらないんでしょう。
だって、絆があるから!!!」



老人「あんたなんかに、俺達の苦しみがわかってたまるか。俺達だって、あんたが言ったことぐらい嫌というほどわかってる。
みんな、悔しくて悔しくて仕方ねぇんだ。
だけど、必死で気持ちを押し殺して、納得しようとしてるんじゃねぇか。」

古美門「なぜ?ゴミ屑扱いされているのをわかっているのに、なぜ納得しようとしてるんです?」

老人「俺達は、もう年寄りなんだよ、」

古美門「年寄りだからなんなんですか?」

老人「具合が悪いのに、みんな頑張って、、」

古美門「だから、なんだってんだーーー!!!」

古美門「だから、労って欲しいんですか?だから、慰めて欲しいんですか?だから、優しくされたら、すぐに嬉しくなってしまうんですか?
先人達に申し訳ないとは、子子孫孫に恥ずかしいとは思わないんですか?
なにが、南モンブランだ!絹美村は、本物のモンブランよりはるかに美しいと、どうして思わないんですか!
誰にも責任を取らせず、見たくないものを見ず、みんな仲良しで暮らしていけば楽でしょう。
しかし、もし、誇りある生き方を取り戻したいのなら、見たくない現実を見なければならない!深い傷を負う覚悟で前に進まなければならない!!戦うということは、そういうことだ!!!愚痴なら墓場で言えばいい!!!!
金が全てではない?金なんですよ。あなた方が、相手に一矢報い、意気地を見せつける方法は!奪われたものと、踏みにじられた尊厳に相応しい対価を勝ち取ることだけなんだ!!それ以外にないんだ!!!」



「ニシキノハルオさん。あたなは元郵便局長だ。幾度となく閉鎖されそうになった村の郵便局を最後まで守り抜いた!
モリグチサブロウさんは、小学校の校長先生。村にいた子供たちは、みんなあなたの教え子だ!
奥さんのヒサコさんは、町のデパートの化粧品売り場で、月間売上の記録の保持者。
ゴウダジョウジさんは、実に100ヘクタールもの田畑を開墾した!
カワタサトコさんとご主人は、田んぼをやりながら日雇いの仕事をいくつもいくつも掛けもった。
トミタヤスヒロさんは、商店街の会長!毎年、祭りを盛り上げて、あのクリスタルキングを呼んだこともある!
イタクラハツエさんは、女だてらにクレーン車を動かし、6人の子供を育てあげた!
敗戦のどん底から、この国の最繁栄期を築きあげたあなた方なら、その魂をきっとどこかに残してる!!
、、、はずだと期待した私が愚かでした。
いいですか?二度と老後の暇つぶしに私を巻き込まないで頂きたい。
心優しいダニ同士、お互い傷を舐め合いながら、穏やかに健やかにどうぞくたばっていってください。
それでは、みなさん、さようなら!!!」



◎黛の弁論
「私は、この裁判で多くのことを学びました。
正義とはなんでしょうか?
法とはなんでしょうか?
この世界に正義などない。勝った者が正義だと言う人がいます。
私もそうかもしれないと思った時期もありました。
でも今は、確信を持って言えます。
我々人間には、正義を愛し、求める心があると。
裁判は、勝ち負けのゲームでも、金儲けのギャンブルでもありません。
また、傷つけ合う場でもないはずです。
きっとどこかにある正義と真実を見つけ、みんなが幸せになれる道を探す場なのではないでしょうか?
正しい人が報われ、幸せになれる社会。そんなのは夢物語。現実は非情だ。
確かにそうかもしれません。
だけど、人は夢を見るから生きられるんです。
理想を叶えようとするから、私たちはこの諦めに満ちた現実を生きていけるんです。
私は、理想が現実を覆せると信じています。必ず。

以上です。」



◎古美門の弁論
「そちらの弁護士先生が主張なさった事は、何の論理的根拠もなく、ひたすら情に訴えるのみの、女子中学生が同人誌に投稿して落選するライトノベル以下の作文であり、しかも自分に酔って涙する始末。
裁判は夢を探す場所?そんなものが見つけたいなら、インドのガンジス川か下北沢の三流劇団に入りたまえ!
我々は神ではありません。
この私も含め、愚かで感情的で間違えてばかりのちっぽけな生き物です。
そんな人間に、人間を裁くことは出来るのでしょうか?いいえ、出来ません。
だから、人間になり代わり、法が裁くんです。
どんなに怪しかろうと、どんなに憎かろうと、一切の感情を排除し、法と証拠によってのみ、人を裁く。
それこそが、我々人類が長い歴史の中で手に入れた、法治国家という大切な大切な財産なのです。

無論、公明正大なる裁判所におかれましては、情緒的な弁論に惑わされることなど微塵もなく、鉄砲手継、法と証拠のみに基づいて判断なさそることでしょう。
そして、その場合、結論は明白であります。
以上。」



◎古美門から黛へ
「旅人のコートを脱がせたぐらいで勝てると思うな。太陽をやるなら、灼熱地獄でパンツ一枚残さず剥ぎ取れ!
それぐらいでなければ、理想的現実を変えることなど出来やしない!!
もっともっと、強く賢くなれ、朝ドラ!!!」


◎「リーガル・ハイ」の全ての名言はこちら!
www.mrdorama.com




コード・ブルー2nd」からの名言

◎奇跡であふれてるby.冴島の彼氏

「残りの人生、
お前に会うために使いたい。
そのために使いきりたい。
この病気に奇跡はない。
残念だ。
だけど、
俺の人生は奇跡であふれてる。
今朝目が覚めた。
あぁ。今日も生きてた。
朝だ。
今日は、はるかに会いに行く日だ。
寝癖がついてないといいなぁ。
鏡を見る。ついてない。
よし。会いに行こう。家を出る。
家から歩いて10分の公園に、45分かけてたどり着く。
はるかがいた。
生きてはるかに会えた。
変じゃない髪型ではるかに会えた。
俺にとっては、毎日が奇跡の連続だ。
今日もこうやって、はるかに会えた。
そのことが、奇跡なんだ。
また会いたい。。。
来年のクリスマスも。。
再来年も。。
ずっと。。
ずっと。。。」


どうしようもなく涙しか出ない名シーン。。



◎自分次第だby.白石のナレーション
「自分探しで見つかるのは
たいていは嫌になるような惨めな自分

そんな自分と向き合って
愕然として立ち止まるか
一歩進むかも
また自分次第だ
向いている方向が
前なのか後ろなのか
それすらも確かではないけれど
私たちは一歩足を踏み出したい
ダメな自分と一緒に」



◎心の傷by.藍沢のナレーション
「心の傷を癒やす簡単な方法はない
ただこうも思う
心の傷はきっと必要なものだ
なぜなら
心に傷を負うことで
他人の痛みに気付けるようになれるから」



◎人は一人では命を大切にしないby.藍沢
「人は一人では命を大切にしない。
一緒にいたい、
悲しませたくないっていう人がいるから、
人は自分の命を大切にする。」


◎藍沢とばあちゃん

ばあちゃん「強い子にね、強い子に育ってほしかったんだ。だから、ずいぶん厳しくした。
一人でも強く生きていけるように。
あんたは、強くて優しい子に育ってくれた。
ありがとう。」

藍沢「俺、良かったと思ってる。
危険な目に遭わないと、人はいつか死ぬってことに気付けないだろ?
それと一緒だ。
当たり前に親や周りの人に大切にされてると、
それに気付けない。
でも、俺は気付けた。
両親のいない20年間があったから。
それに、俺は孤独じゃなかった。
礼を言うのは俺の方だ。
ありがとう。
ばあちゃん。」



◎奇跡の定義by.藍沢のナレーション
「救命の世界に奇跡はない
それは事実だ
でも
そもそも奇跡とは何だろう
自分や自分の大切な人が健康であること
打ち込める何かがあること
間違いを正してくれる上司や仲間がいたり
負けたくないと思える相手がいること
そういうささやかな幸せを奇跡と言えるなら
俺たちの生きているこの世界は
奇跡であふれてるのかもしれない

ただそれに気付かないだけで
そう
すぐそばにあるのだ
たくさんの奇跡が」


◎「コード・ブルー2nd」の全ての名言はこちら!!
www.mrdorama.com




義母と娘のブルース」からの名言

◎大事な一人娘にby.亜希子

「先生、子供がこんな発想になって良いのでしょうか?
子供は、親が嫌われるようなことをしたら自分も嫌われると思っている。
親は、子供が嫌われることを恐れて言葉を飲み込み陰口で憂さを晴らす。
その背中を見て育った子供は思うでしょう。
長いものには巻かれればいい。
強いやつには逆らうな。
本当のことは影で言うのが正しいんだ。
だって、大好きなお父さんとお母さんがそうやっていたんだから!
私事で恐縮ですが、
私は大事な一人娘にそんな背中を見せたくはありません。」



亜希子の真っ直ぐな言葉に感動。
この言葉を聞いている時のみゆきの表情も素晴らしい!



◎小さな奇跡by.みゆき
「パパ、私たちに言ってるのかも。
小さな奇跡はいっぱいあるよ。
毎日それ見つけていけば、それでいいんだよって。」



◎ちゃんと考えることの意味by.みゆき
「お母さんが、自分のやりたいことちゃんと考えなさいって言うのはさ、
ちゃんと考えないと楽しいことやらないで終わっちゃうからなんだね。」


◎「義母と娘のブルース」の全ての名言はこちら!
www.mrdorama.com




逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」からの名言

◎みくりの言葉
「誰かに選んでほしい。
ここにいていいんだって。認めてほしい。
それは贅沢なんだろうか?
みんな誰かに必要とされたくて、でも上手くいかなくて。
色んな気持ちをちょっとずつ諦めて。
泣きたい気持ちを笑い飛ばして。
そうやって生きているのかもしれない。」



◎「逃げ恥」のタイトルの由来by.平匡
「逃げたっていいじゃないですか。
ハンガリーにこういうことわざがあります。
逃げるのは恥。だけど役に立つ。
後ろ向きな選択だっていいじゃないか。
恥ずかしい逃げ方だったとしても、生き抜くことの方が大切で。
その点においては、異論も反論も認めない。」



◎誰もが全てを知るのは無理by.ゆりちゃん
「誰もが全てのことを深く知るのって無理だと思わない?
誰かが知ってることを誰かは知らなくて。そうやって世界は回ってるんじゃないかしら。」



◎逃げちゃダメだby.平匡
「逃げてもいい。恥ずかしい逃げ方だったとしても、生き抜く事の方が大切で。その点においては、異論も反論も認めない。
だけど、ここはダメだ。
大切な人から逃げてはダメだ。
失いたくないのなら、どんなにカッコ悪くても、無様でも。」



◎自分に呪いをかけないでby.ゆりちゃん

「あなたは随分と自分の若さに価値を見出しているのね。
私がむなしさを感じることがあるとすれば、あなたと同じように感じている女性がこの国にはたっくさんいるということ。
今あなたが価値がないと切り捨てたものは、この先あなたが向かっていく未来でもあるのよ?
自分が馬鹿にしていたものに、自分がなる。
それってつらいんじゃないかな?
私たちの周りにはたっくさんの呪いがあるの。
あなたが感じているのもその一つ。
自分に呪いをかけないで。
そんな恐ろしい呪いからはさっさと逃げてしまいなさい。」



◎生きていくのって面倒くさいby.平匡
「みくりさんが閉じたシャッターは、いつか僕が閉じたものと同じかもしれない、、
だとしたら、僕は開け方を知っている。
何度も何度もあきれるほど、見捨てずにノックしてくれたのは、他の誰でもない、みくりさんだ。」

「お仕事中すいません、話してもいいですか?
面倒を避けて避けて極限まで避け続けたら、歩くのも食べるのも面倒になって、息をするのも面倒になって。限りなく死に近づくんじゃないでしょうか?
生きていくのって面倒くさいんです。
それは一人でも、二人でも同じで。
それぞれ別の面倒くささがあって、どっちにしても面倒くさいんだったら、一緒にいるのも手じゃないでしょうか?

話し合ったり、無理なときは時間を置いたり、だましだましでも、なんとかやっていけないでしょうか?
やってやれないことはないんじゃないでしょうか?
みくりさんは、自分のことを普通じゃないと言ったけど、僕からしたら今更です。とっくに知っていました。大したことじゃありません。
世間の常識からすれば、僕たちは最初から普通じゃなかった。今更ですよ!」


◎みくりの気持ち
「上手くいかないとき、待っていてくれる人。
信じてくれる人。
見失っちゃいけない。
立て直そう、一つ、一つ。
立て直そう、ゆっくりでも。」



◎最後のナレーションby.みくり
「たくさんの道の中から、思い通りの道を選べたり、選べなかったり。
どの道も面倒くさい日々だけど、どの道も愛おしい日もあって。
逃げてしまう日があっても、深呼吸して、別の道を探して、また戻って。
良い日も、悪い日も。
いつだってまた、火曜日から始めよう。」



◎「逃げ恥」の全ての名言はこちら!!
www.mrdorama.com




コード・ブルー3rd」からの名言

◎願いby.藍沢のナレーション

「ほとんど叶うことのない願い
それでも人は願いを託す
切実な願い
無邪気な願い
一人では
叶うと信じることすら困難な願いもある
そんな時はどうする?
共に信じてくれる仲間と
願えばいい」

この言葉が、最終話にも繋がる、このサードシーズンで一番伝えたかったことだと思います。



◎緋山がシーズン2で訴訟問題を起こした時のことを振り返ったシーン
「その時私は、患者と家族に近付き過ぎてキャリアを失いかけた。
おかげで、随分遠回りもした。
でもその時、ある先生に言われたの。
遠回りすることで見える景色もあるって。
人それぞれでいいんだと思う。
どんな景色が見えるかは。」

そりゃ遠回りなんかしたくないって誰もが思う。でも、遠回りしたからこそ、見える景色もあるんだ。という緋山の深いセリフ。



◎仲間の存在by.白石のナレーション

「救いたいと思う気持ちが強いほど
患者が払った代償の重みに
医者は苦しむ
その苦しみから逃れる方法はない
だから気付いて欲しい
その重荷を一緒に背負いたいと願う
仲間の存在に」

やはり、ここでも、仲間の大切さを伝えています。



◎仲間by.緋山のナレーション

「確かに医者には
休日に一緒に買い物や
旅行に行くような友達はいない
けれど
仲間はいる
決して馴れ合いではなく
かといって敵でもない
長い年月と体験の共有
成功体験はもちろん
つらい体験
悲しい体験
恥ずかしい部分も含めて
お互いをさらけ出す
そんな時間を経て
初めて私たちは
仲間になる
でも
ごく稀に
時間を必要とせず
仲間になれる相手もいる
生まれながらに通じ合える相手
そんな人間と出会えた人は
とても幸運だと思う

だけど
せっかく出会えたそんな相手と
ちょっとしたボタンの掛け違いで
傷つけ合うことになってしまったら?
運命は残酷だ」



◎最後のナレーションby.緋山
「明日は必ず来る
しかし
その明日に何が起こるかは誰もわからない
突然
天井が落ち
道は塞がれ
愛する人を失うかもしれない
小さな私達に為す術はない」



◎最後のナレーションby.白石
「先の見えない暗闇に一人佇み
時に心が折れそうになる
この先に光がなかったら
歩いた方向がまるで逆で
光から遠ざかる結果だったら



◎最後のナレーションby.藍沢
「そんな時は思い出して欲しい
一人ではつらい暗闇を
共に歩ける仲間の存在を
求めるのは光そのものじゃない
光を一緒に探すことの出来る仲間だ
それさえあれば
歩き続けることが出来る
駄目なら向きを変えて
また歩き出せばいい
仲間と共に」

最後は、最高の仲間と出会えたことに感謝し、仲間と共に歩くことの大切さを伝えてくれました。

実は、1話の最後のナレーションでも、仲間と共に生きることの大切さを伝えてくれていました。
「一人では
叶うと信じることすら困難な願いもある
そんな時はどうする?
共に信じてくれる仲間と
願えばいい」

やはり、このサードシーズンは、「仲間と共に生きる」ことの大切さを伝えたかったんではないかと思います。


コード・ブルー3の全ての名言を観たい人は↓
www.mrdorama.com




「あなたには帰る家がある」からの名言

◎理不尽by.茄子田

「なんでわざわざ来たのかって思ってるんだろう?
ぶっ壊してやりに来たんだよ。
娘の前で佐藤に聞いてやろうって。
おい、お前、俺の妻と寝たのか?って。
真弓ちゃんの気持ちがわかるんだ。
理不尽だよな。
裏切られた方が、疑って悩んで夜も眠れずに心痛めて、真実を知って心えぐられて、それでもなお、子供のために家族のために受け入れて、歯を食いしばって許さなきゃいけない。
裏切られた方が。
裏切った方は、そんな悩み考えもしない。
嵐が過ぎ去るのをコソコソ待って、過ぎ去ったらそれで終わり。
まるで重さが違うんだよ。

佐藤からしたら、男同士で自慢する武勇伝の一つでしかない。
イイ思いした。奥さんも許してくれた。あぁ、良かった。それで終わり。
だってそうだろう?
罪を犯して罰せられなかったら、人はそれを大したことないって思っちまう。
理不尽だよな。

他人の嫁を盗んで、何度もSEXして、それがバレたら今度は家族団欒?
何であいつばかりが良い思いをする?
何でそんなやつを守ってやる必要がある?
そんな男が大事な娘の父親でいいのか?
あいつのヘラヘラした笑顔見て、心の底から笑えんのか?
本当は今でもはらわた煮えくり返ってんだろう?
認めろよ。
壊れたものは元には戻らないんだよ。
あんたが大事に守ってきたものをぶっ壊したのは誰だ?
綾子でも俺でもない。
あんたの敵は、自分の旦那だろ。
誤解だって言うなら、俺の目見て言ってくれよ。
ウチの家庭は円満ですって。
言ってくれよ、いつもみたいに威勢良く。
娘の前で聞かれたくないなら、今聞くよ。
あんたの旦那は、俺の妻と寝たのか?」



◎それぞれの帰る家

茄子田「俺は、お前の作ったメシが食いたい。」

綾子「言ったでしょ。あなたのこと愛してないって。」

茄子田「それでもいい。」

綾子「愛してないのよ?」

茄子田「相手が誰でも同じなんだろう。
じゃあ、俺にしろ。
お前のために変わるから。
もう二度とお前を傷つけない。
それで、もし、いつか一瞬でもたった一瞬でもお前が俺を愛してくれたら、それで俺の人生は満点なんだ。
綾子、帰ってこい。
一緒に家に帰ろう。」

秀明「俺だって、綾子さんと暮らして思うのは、もし今まで俺が真弓にこんなふうにしてたらって。ありがとうって言って、ちゃんと名前呼んで、一緒に家事して、そんなふうにしてたらって。雑でも、シャツのアイロンシワシワでも、玄関開けてカバン置く前に文句飛んできても、あぁ帰ってきたなって。そう思うのはやっぱり、真弓のいる家なんだよ。
夫婦になって、家族になって、いつの間にか空気になってたけど、空気がないと生きていけない。
何年かかっても俺は、真弓のいる家に帰りたい。」

真弓「私は、、私は、パパとはもう終わったって、、でも正直まだちらつくよ。
今でもウニ丼食べたら、あ〜っもう一緒にいないんだなって、パパの顔が。
他の人と手繋いだらさ、あ〜っパパじゃないんだなって思うし、つい思っちゃうよ。
もし、ちゃんとパパとこうやって向き合ってたらなって。
でも、そういうことがこれからたぶん少しずつなくなっていくんだなって。それは寂しいことだけど、でも少しホッとする。
今は空気がなくなってアップアップしてるけど、少しずつパパがいないことにも慣れていって、ちゃんと息が吸えるようになると思うから。
この夫婦に会わなかったらさ、きっと今でもパパと結婚してて、不満いっぱいで文句タラタラで、でもごまかして、壊れてることにも気付かなくて。そんな自分にもう戻りたくないの。
最低最悪の出会いだったけど、おかげで分かった。
生きてたらさ、うまくいくことばっかりじゃないし、色んなこと起こるから、そういうときに顔見たくなる人、声聞きたくなる人、お帰りって、大丈夫?って言ってくれる人。
いや、場所じゃなくて、そういう相手が帰る家なんじゃないかなって。

だから、今度は壊れる前にちゃんと大事にしたい。
私はそう決めたよ。
だからあんたも、自分が帰る家くらい自分で決めなよ。」

綾子「帰るわよ。帰ればいいんでしょう。」

いやー、最終回まで期待を裏切らない展開でした!!
最終回もめっちゃ笑わせてもらいました!
笑いあり感動ありとは、まさしくこのドラマでしょう!笑
ただホント、茄子田劇場だったな、このドラマは!!笑笑


ぜひぜひ、佐藤夫妻と茄子田夫妻が親戚になる続編も期待しやす!!笑


◎「あなたには帰る家がある」の全ての名言はこちら!
www.mrdorama.com




「崖っぷちホテル」からの名言

◎今精一杯出来ること
「人間、背伸びして見せても、隅で小さく縮こまっていても、結局は何も変わらないんです。
なら、今精一杯出来ることで楽しいことを探しましょ。」



◎大人が夢を叶える秘訣by.宇海
「大人が夢を叶えるにはどうしたらいいんでしょうかね?
いや、子供の頃はシンプルじゃないですか。
自分の力を信じて、前を向いて、笑顔でいることが夢を叶える秘訣です。
で、大人が夢を見た場合どうすればいいのか。
私の思う秘訣はこうです。
他人を信じて、頭を下げて、笑顔でいること。」


◎崖っぷちホテルの全ての名言はこちら!!
www.mrdorama.com




コード・ブルー1st」からの名言

◎生きててなんぼだよ
藍沢「梶さん、今ヘリに乗れなくなったらどうします?
もう、一生ヘリに乗れなくなったら。
俺、今この腕無くしたら、たぶん生きていけないと思う。
俺、黒田先生の命より大切なものを奪ったんじゃないでしょうか。。」

「生きててなんぼだよ、人間は。
生きてなきゃなんも始まんねえ。

俺はそう思ってる。
だから、あんたのした事はなんにも間違っちゃいないんだよ?
な、藍沢先生。」


◎「コード・ブルー1st」の全ての名言をはこちら!
www.mrdorama.com




「サバイバル・ウェディング」からの名言

◎価値の測り方

「お前の値段は?
値段は分からないよなー。
テレビだったら値札が付いてるしネットで調べることもできる。
でも、お前には値札が付いてるわけでもないしネットに載っているわけでもない。
じゃあ、男はどうやってお前の価値を測ると思う?
いいか。物にはな、絶対的な価値なんてそもそも存在しないんだ。人間が相対的に価値を計算しているに過ぎない。
価値が分からないものはな、物差しの当て方次第で価値の感じ方が大きく変わるんだ。

つまり、お前がどんな男に狙われているか、それが物差しなんだよ。
お前が魅力的な男に狙われてることを知れば、それが判断基準になって一緒にいるお前も価値が高いと認識される。
ナイキだって、マイケル・ジョーダンタイガー・ウッズに100億円以上の契約金払っていただろう。
つまり、誰が持っているかが、消費者が価値を測る時の大きな判断材料になっているんだ。」



◎安売りするな

「次にお前がやるべきことは、
安売りしないことだ。
高めた価値が一気に下がってしまうからな。
自分のものだと思っていたものが、他の男のものになりかけている。お前の男は自分のプライドを満たすためにもお前を取り返したいと思うだろう。
お前を自分のものだと認識するためにも、あいつは必ず体を求めてくる。
でもな、人間というのは苦労して手に入れたものほど大切にするし、楽に手に入れたものは大切にしない。
大切にされたかったら体を許すなよ。」



◎お前次第
「目の前の利益にとらわれて、大切なものを安売りしてしまったら、価値を下げることになる。
タオルのように扱われるか、
一生もののように扱われるかは、
お前次第ってことだ。
全てはお前次第。」



◎自分を愛せ

「お前は自分が好きか?
いかなる時も自分にだけは愛を注がないといけない。
自分を愛すれば、時間を無駄にしないし自分を磨くことができる。
自分を傷つけることもなければ自分の体を大切にする。

もしお前が体だけの関係を続けて行こうとするなら、それは自分への愛が足りないからだ。
バッグならいくらでも代わりはあるが、お前の体はこの世にたった一つしかない。
お前自身が愛を注いでやらないでどうする?
自分を愛せ。」


宇佐美社長、、カッケェー!!笑



◎百聞は一見にしかずの続き

「百聞は一見にしかず
百見は一考にしかず
百考は一行にしかず
百行は一果にしかず
聞くだけじゃなくて実際に見ろ
見るだけじゃなくて考えろ
考えるだけじゃなくて行動しろ
そして行動するだけじゃなくて結果を出せという意味だ」



◎友人
「ひとりぼっちになった時、いつでも相談できる友人を一人持て。
あとは仕事。

ココ・シャネルが言ってたらしいよ。」



◎人を幸せにする力by.宇佐美

「男が人生に迷ったらこう言ってやれ。
無職になったら養ってやるって。
どんなに金を持ってるやつでも将来どうなるか分からないんだ。
そんな時、お前が男になって男を支えてやれ。
つまりな、誰かに幸せにしてもらえるよう拝むんじゃなくて、人を幸せに出来る人間になれってことだ。
外見の美しさなんていつかは価値が下がるだろう。でもな、人を幸せにする力っていうのは、年を取っても価値が下がることはない。
二十歳の顔は、天からの授かり物。
三十歳の顔は、自分の生き様。
五十歳の顔には、価値がにじみ出る。

これは、ココ・シャネルの言葉だ。」



◎宇佐美からさやかへ

「お前は、今この瞬間からどんな選択をしてもいいんだ。
お前がどんな家で生まれたとか、どんな人生を送ってきたとか、男だとか女だとか年はいくつだとか、そんなことは関係ない!
最後は自分がこれからどうあるべきか、自分によく聞いて自分で決めろ。
そうすればどんな困難にぶつかったって乗り越えられる。
大切なのは、どんな選択をするかじゃない!
自分が選択した人生を強く生きるかどうか!
ただそれだけだ!」



◎「サバイバル・ウェディング」の全ての名言はこちら!!
www.mrdorama.com




半分、青い。」からの名言

◎夢を見ることby.じいちゃん
「私は賛成だ。行ったらいい。
この歳になるとな、先が分かる。
先は分からんっていうのは、
最高に贅沢な気がする。
夢は見てるだけで贅沢や。

叶わなくても、その時間がいい。
夢見てる時間だけでも、元取れるな。」



◎想像の翼by.秋風
鈴愛「私、左の耳が聞こえません。
小さい頃に病気で。」

秋風「だから?
私は左の耳が聞こえないから、人と違ったものが描ける。
人と違った世界を知っているから、オリジナルなものが描けるとでも?
いいか、そういう事に甘えるな。
経験があるから描ける、ないから描けない。
自分の境遇は描ける、そうじゃないものは描けない。
だと、描くものは狭まる。
要は想像力だ!
それさえあれば何だって描ける。
想像の翼はどこまでも飛び立つ!

まぁでも、片耳聞こえないなんてのは、
いいフックになるかもな。
いつかそんな話描いてもいいだろう。」



◎全てが今にby.秋風
「一見余計なことする時間も、回り道も、
あっていいと思います。
色んなことがあって、
全てが今に繋がっていく。」



◎半端に生きるなby.秋風
「鈴愛、恋をしろ。
私がなぜお前を弟子にしたか分かるか?
楡野は他の2人とは違う。山を駆け回っていた。
そのリアルが重要だ。
小宮やボクテとは違うんだ。
あいつらの漫画の知識は深い。なぜだ?
漫画ばかり描いたり読んだりしていたからだ。
それではダメなんだ。
俺が恋をしろと言うのは、そういうことだ。
リアルを拾うんだ。想像は負ける。
好きなやつがいたら、ガンガン会いに行け。
仕事なんかいつでも出来る。
ベタなんかいつでも塗れる。
空想の世界で生きてるやつは、弱いんだ。
心を動かされることから逃げるな。
そこには真実がある。

楡野、いいか。
半端に生きるな。
創作物は、人が試される。
その人がどれだけ痛みと向き合ったか。
憎しみと向き合ったか。
喜びを喜びとして受け止めたか。
逃げるな。」


キター!!やはり秋風は名言製造機!!笑



◎おじいちゃんから鈴愛へ

「このご時世どうやったって生きてけるぞ。
鈴愛。おじいちゃん、若い時、今のお前よりも若い時に戦争行った。
日本負けてな、びっくりしたわ。
ほいでな、見つかったら捕虜になる。殺されてまう。おじいちゃん、現地の人にかくまってもらってな、10日、、2週間くらいやったかな。穴蔵みたいな所に隠れて暮らした。
穴蔵、家にしてな、太陽の光も見えん。ずーっと暗いんや。見つかったら殺されてまうでな、出ていけん。ほやけどな、太陽の光の加減で1日のうち15分だけ光が差すんや。太陽の傾き具合で、本当に1日のうち15分だけや。15分光が差すだけで人はそれを楽しみに生きていけるんやって思ったんやその時。
要はな、鈴愛。どうにでもなるぞ。
大丈夫やってことや。
人間はな強いぞ。
ほんでまた、鈴愛は殊の外強いぞ。」



◎鈴愛とボクテとユーコの人生論
鈴愛「失敗したらやり直せばいいって言うじゃない?でも私たぶん、人生にはたった一度しかない、ここ!今!って瞬間があるような気がするんだよね。
何かになる人は、成功した人は、そのチャンスを決して見逃さない。
その手につかんだんじゃないかって。」

ボクテ「今回がそのたった一回だったってこと?」

鈴愛「分からない。でも大きなチャンスだったことは確か。」

ボクテ「僕は、、僕は秋風先生のところを裏切って破門された身だから思うんだけど、あの時秋風先生のところ追い出されて「月刊アモーレ」なんてエロ雑誌に連載し始めて、あ〜もう自分は終わりだなって思ったんだ。
でも、僕ってゲイだから、他には何にも取り柄がなくて。しがみつくように270ミリ×180ミリの枠線に向かって描いて描いて描きまくった。
そしたら、またチャンスは巡ってきた。」

ユーコ「人生ってさ、あぁ、あの時ああすれば良かったとかあれをやっとけば良かったって後悔するっていうでしょ?
そういうの私も鈴愛もないんだよ。
ちゃんと挑戦した。
そして、ちゃんとお前じゃダメだって漫画の神様に言われた。
プライドズタズタ。傷つく。へこむ。
でもさ、それが生きるってことじゃない?
怖いけど、傷つくの怖いけど、お前じゃダメって言われるの怖いけど、欲しいものに手を伸ばすのが生きるってことじゃない?」

鈴愛「うん。すっごく賛成。
だから、挑戦して挑戦して手が届かなくてダメだって分かるのに、私なんか9年かかっちゃった。」

ユーコ「私は5年。でも、そいで良かったんだよね。
何もしないよりは全然良かったんだよ。
だって、こうしてボクテや鈴愛に会えたし。
あの5年があって今がある。
タフになるよ、人間。」

鈴愛「うん。
生きれば生きるほどタフになる。」


やっぱ、ユーコとボクテの安定感半端ない!!笑


◎「半分、青い。」の全ての名言はこちら!
www.mrdorama.com




コード・ブルーSP」からの名言

◎緋山の父と藍沢

緋山の父「親の教育が悪いからか、昔からわがままな娘でね。私がちょっと注意するといつも、その倍ぐらいワーって文句を。
本当にに口だけは達者で。
なのに、今、管だらけで。あんなものを口の中に入れられて。昨日まで家にいたんです。何年振りかで会ったのに、最後にまたケンカしちゃって。
美帆子、なんの気まぐれか、里芋の煮物を作ってくれましてね、マズイんですよこれが。
それで、お前こんな物もちゃんと作れないのかって、医者だなんだって偉そうに言ってるけど、どうせまだ半人前だろって。
本当は、偉いと思ってるんです。普通の家に生まれて、自分の力で頑張って医者になって。
こんなことになるんだったら、ちゃんと言っておけば。。」

藍沢「そうですよね。
言っておいた方がいい言葉ってあると思います。
伝えられるときに伝えておかないと後悔する言葉って。」


ここで、ミスチルの「風と星とメビウスの輪」が流れました!!



◎別れby.藍沢のナレーション
「別れは必ずやってくる
どんな時にも
だが俺たちは知っている
悲しい別れがあるように
旅立ちの別れが
未来への別れが
あることを
そして俺たちは知っている
ただ一つ確かなのが
別れが人を強くするということを」

◎「コード・ブルーSP」の全ての名言はこちら!
www.mrdorama.com




「チア☆ダン」からの名言

◎できっこないをやる意味

わかば「先生はどう思う?できっこないをやるって。意味ある?」

太郎「どうかなー。無理に頑張って苦しむだけかも。」

わかば「ほやろ?
やで私は考えたんや。無理はしない、みんなと楽しく、やれることだけやってればいいって。」

太郎「でも、本当にやりたいことをやれてる時が、一番楽しいかも。」



◎できっこないをやってみるでの!

わかば「私も、やってみることにした!
できっこないをやってみるでの!」

あおい「泣きたかったり悔しかったりの先に、夢がある。
やりたいことやった方が、結局は楽しいやろ。」



◎失敗から逃げるな!by.太郎先生
「あのな、俺、「私なんか」っていう言葉がどうしても許せないんや。
お前達、ホントに諦めていいんか?
夢を持つってことは凄いことや。
偉いことや。
お前達は素晴らしいんや。
失敗したっていいじゃないか。そんなこと気にするなよ。
夢にたどり着くためには、どん底から一つ一つ乗り越えていけばいいんだよ。
だから、目の前の失敗から逃げちゃダメだ!」



◎「チア☆ダン」の全ての名言はこちら!
www.mrdorama.com




1リットルの涙」からの名言

◎学校を転校する時のクラスメイトへの挨拶
「知ってる人もいると思いますけど、私の病気は治りません。治療法がないみたいです。
いつか、歩くことも立つことも話すことも出来なくなると、お医者さんに言われました。この一年で当たり前に出来ていたことが一つ一つ出来なくなっていきました。夢の中では友達と喋りながら歩いたり、バスケをしながら思いっきり走ったり出来るのに、目が覚めるともう自由には動かない身体があるんです。
毎日が変わってしまいました。転ばないためにどう歩いたらいいのか、どうすればお弁当を早く食べれるのか、どうすれば他人の視線を気にしないでいいのか。一つ一つ頭の中で考えなきゃ生きていけません。
高校に行って大学に行って仕事をして、そんな風に思い描いていた未来がゼロになっちゃいました。生きて行く道が見つからなくて、小さな希望の光も見えなくて、病気になったせいで私の人生は壊れてしまったって、何度も思いました。
でも、でも、悲しいけどこれが現実です。どんなに泣いても、病気からは逃げられないし、過去に戻りたくても、時間は戻せないし、だったら、自分で今の自分を好きになってあげなくっちゃって、そう思いました。
だって、この身体になってから、初めて気付いたことがたくさんあるから。側にいてくれるだけで家族ってありがたいんだなとか、さりげなく支えてくれる友達の手がすごく温かかったりとか、健康なことがそれだけですごく幸せなこととか、病気になったからって失うばっかりじゃありませんでした。
この身体の私が私だって、障害っていう重荷を背負っている私が今の私なんだって、胸を張って生きて行こうと思いました。
だから、養護学校に行くことは自分で決めました。みんなとは生きる場所は違うけど、これからは自分で選んだ道のなかに、一歩一歩光を見つけたいから。
そう笑って言えるようになるまでに、私には少なくとも1リットルの涙が必要でした。
だからもう私は、この学校を離れても、何かが終わってしまうなんて絶対に思いません。
みんな、今まで親切にしてくれて本当にありがとう。」



◎エンディングに流れる言葉
「いいじゃないか、転んだって。
また起き上がればいいんだから。
転んだついでに空を見上げれば
青い空が今日も
限りなく広がってほほえんでいる。
あたしは 生きてるんだ」



◎亜也の妹のセリフ
「私ね、ずっと思ってたんだ。なんで、亜也姉なのって。病気になったのが私じゃなくて、なんで誰にでも優しい亜也姉なのって。
神様はいじわるだから、亜也姉みたいな人を病気にしたのかな?
だったら、私が健康でいることにも何か意味があるのかな。
私、亜也姉の代わりに東校卒業したい。亜也姉の叶わなかった夢だから。
私なんかが亜也姉のために出来ること、今これぐらいしかないんだけどね。
出来ることあるのに、しないでボーっとしてるなんて、そんなの私絶対嫌だから。」



◎エンディングに流れる言葉
「足を止めて今を生きよう。
いつか失ったとしても 諦めた夢は誰かに委ねたっていいじゃないか。」

「人は過去に生きるものにあらず
今できることをやればいいのです」



◎母親から亡くなった亜也へのナレーション
「亜也へ
あなたと会えなくなって
もう1年が経ちました
亜也
歩いていますか?
ご飯は食べられますか?
大声で笑ったり
お話が出来ていますか?
お母さんが側にいなくても
毎日ちゃんとやっていますか?
お母さんは
ただただ
それだけが心配でなりません
どうして病気は私を選んだの?
何のために生きているの?
亜也はそう言ったよね
苦しんで苦しんで
たっくさんの涙を流した
あなたの人生が
何のためだったか
お母さんは今でも考え続けています
今でも答えを見つけられずにいます

でもね
亜也
あなたのおかげで
たくさんの人が
生きることについて
考えてくれたのよ
普通に過ごす毎日が
嬉しくて
温かいものなんだって
思ってくれたのよ
近くにいる誰かの
優しさに
気付いてくれたのよ
同じ病気に苦しむ人達が
独りじゃない
って思ってくれたよ
あなたが
いっぱいいっぱい
涙を流したことは
そこから生まれた
あなたの言葉たちは
たくさんの人の
心に届いたよ
ねぇ亜也
そっちではもう
泣いたりしてないよね?
お母さん
笑顔のあなたに
もう一度だけ
会いたい」


◎「1リットルの涙」の全ての名言はこちら!
www.mrdorama.com