Mr.ドラマ(略してミスドラ)

Mr.はミスチルのMr.です。笑

ドラマ「家売るオンナの逆襲」の名言・名シーン④〜ドラマ名言シリーズ〜

スポンサーリンク

今回のドラマ名言・名シーンシリーズは、「家売るオンナの逆襲」からの名言・名シーンです!(ネタバレ・あらすじ・感想含みます。)

やっぱ脚本が面白い作品だ!!

ドラマ「家売るオンナの逆襲」とは?


出演/北川景子松田翔太千葉雄大

◎ 脚本家/大石静
暴れん坊ママ」「家族狩り」「セカンド・ラブ」「家売るオンナ」


第7話「キャリアウーマンVSワーキングマザー!働く女のバトルGO」

2019年2月20日放送
視聴率11.0%

◎仕事と家庭の両立by.三軒家
「あなたは育児を持ち出せば、周りがひれ伏すと思っていますね?
両立は難しいです。
ただ、本気で両立しようと思うのなら、やり方はあります。
本気で両立しようと思うのなら、自分の仕事量を把握してどこまで出来るかをコントロールしなければなりません!」



◎男だってby.足立
「男だって大変だよ。
男は仕事が上手くいかなかったら、逃げ道がないじゃん?
女の人みたいに人生にバリエーションがあるのって羨ましく思えることあるな。」



◎あなたは輝いているby.三軒家

「ウーマンプロジェクトとは何だ?
女性が輝くとは何だ?
男性は輝こうが輝くまいが普通に仕事を続けられます。
一方、女性は輝くことを要求される。
これはどういうことでしょう?
女性に仕事と家庭を両立させるためのプロジェクトならば、そんなものはくたばってしまえばいいのです。
一度きりの人生、他人の担いだ神輿に乗る必要はありません!
こちらのお宅は、あなたの旦那様の職場から徒歩3分の場所にあります。
旦那様の会社には託児所が新設されます。
お子さんの送り迎えは旦那様にお任せすればよいのです。
宇佐美サキ様、二足のわらじを履くあなたが、専業主婦だったお母様と同じように、1人で家事から育児まで完璧にこなすことはどだい無理な話です。
そもそも共働き家庭である宇佐美家で、サキ様だけが二足のわらじを履いていること自体、おかしな話なのです!
これからは男性も仕事に家庭に輝けばよいのです。
サキさん、あなたは十分輝いています。
輝いています。これ以上輝けないほどに。」



「家売るオンナの逆襲」の見逃し配信中


第8話「庭野のオヤジ来店 親子の絆は永遠なのか 涙の家爆売りGO」

2019年2月27日放送
視聴率10.2%

◎庭野の覚醒

「すみれ様。
同じ立場の自分が思うんですが、親の夢に振り回されるのはもうこりごりですよね。
だったら、自分のことは自分で守らないと。
何もかもお母様に奪われてしまいますよ!
世の中は!親孝行を美徳とします。
自分もそれにがんじがらめになってました。
でも、成人して独立すれば、親の人生は親の人生!子供の人生は子供の人生なんですよ!
考え方が違ってもいいじゃないですか!
このお宅をどうするのか?お二人の意見が違うなら、お二人名義のあのお宅を売ってお金を折半し、それぞれの財産でそれぞれ好きに生きたいいんですよ!
いつまでも親に縛られている必要はない!
今こそ親子の縁を切れ!
いつまでも娘にぶら下がるな!
親子のしがらみを解き放て!
親孝行なんて、親孝行なんて、クソくらえだーー!!」




◎三軒家と課長の仲直り
「課長、手を繋ぎたいです。」




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村