Mr.ドラマ(略してミスドラ)

Mr.はミスチルのMr.です。笑

ドラマ「 正義のセ」の名言①〜ドラマ名言シリーズ〜

スポンサーリンク

今回のドラマ名言シリーズは、「正義のセ」からの名言です!

「タラレバ娘」と同じ、吉高由里子✖️日テレ水曜22時!!
女検事の恋と仕事のドラマ。

ドラマ「正義のセ」とは?



主演 吉高由里子
出演 三浦翔平・安田顕・大野拓郎・広瀬アリス


◎脚本家
松田裕子
「ごくせん 」、「花咲舞が黙ってない」、「タラレバ娘」


第1話 「恋に仕事に真っ直ぐな新米検事の初事件」

◎検事の仕事
支部「検事の仕事とはなんだ?」

凛々子「法と証拠に照らして罰すべき者を罰することです。」

支部「そう。
そして、罰すべきでない者を罰しないこと。
日本の刑事裁判で、有罪率が99.9%なのは、我々検察が証拠を厳密に精査して、出来る限りの真実を明らかにした上で起訴をしてきたからだ。
今の君は、被害者のことばかりに頭がいってるようだが、被疑者だって起訴されたら生活が一変してしまう。
それも分かってるんだよな?
それでも起訴するべきだと言えるだけの証拠を見つけられない限り、支部長として起訴することは認められない。」



◎父親から凛々子へ
「お前、昔、正義の味方になりたいって言ったの覚えてるか?
こいつは変わったやつだなって思ったよ。
けど、お前が検事になった時思ったなあ。
あの頃の夢叶えやがったって。」

「凛々子、お前のその融通利かんちんなとこ、家族にとっちゃ面倒くさくてしょうがねぇ。
けど、検事という仕事には向いてんじゃねえか?
しつこく諦めねえとこがさ。」



◎凛々子の言葉
「被害者もその家族も苦しんでます。
このまま不起訴になって何もなかったことになったら、ずっと消えない傷になってしまいます。
それなのに黙って見過ごすなんて出来ません。
苦しんでる人達を助けられないなら、検事をやってる意味ないです。」



◎凛々子の見せ場

「そんなことじゃないです!!
あなたは何の罪もない向井さんを、深く深く傷つけたんです。
向井さんだけじゃない。
ご家族の心もです。
それを、そんなことで済まさないでください!」



◎大塚から凛々子へ
「お前が後回しにした事件にも被害者はいる。
事件を一つ解決したからって、一人前の検事になったと勘違いするな。」



◎正義のセ

夫婦「検事さんは私達の正義の味方です。
正義の味方はいるんだよって、この子にも教えますね。」

凛々子「とんでもないです、私なんて。。
まだそんな正義のセもわからないようなひよっ子ですから。」




第2話 「新米検事が初の殺人事件に挑む」

◎凛々子の言葉
「自分のしたことを認めなければ、前へ進めませんから。」



◎娘から被疑者の母への手紙

「私ね、仕事を見つけて一人で暮らすようになってから、お母さんの気持ちが少しだけわかるようになった気がしてるんだ。
自分の力で生きていくのって本当に大変。
もし子供がいたりしたら、もっと大変なんだろうなって。
お母さんはきっと、私のためにずっとずっと我慢してくれてたんだよね。
そんなお母さんの気持ちに全然気付かないで、ひどいこと言って出ていって本当にごめんなさい。
お母さん、待ってるよ。
お母さんを一人ぼっちになんかしないから。
罪を償って戻ってきたら、一緒に暮らそう。
ずっと待ってるからね。」



◎検事はby.大塚
「難しいんだ。
検事は、人の心と向き合う仕事だからな。」



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村