Mr.ドラマ(略してミスドラ)

Mr.はミスチルのMr.です。笑

ドラマ「野ブタ。をプロデュース」の名言①〜ドラマ名言シリーズ〜

スポンサーリンク

今回の「ドラマ名言シリーズ」は、「野ブタ。をプロデュース」からの名言です。

亀梨和也✖️山下智久✖︎堀北真希✖︎脚本家・木皿泉の大ヒット作!!

学生時代にリアルタイムでももちろん観ていたのですが、社会人になった今改めて観てみると、深い内容だったと気付かされる!

ただのジャニーズドラマにあらず!
ただの学園青春ドラマにあらず!
脚本家・木皿泉が作り上げた不思議な世界観と深いメッセージと教訓をくれるドラマ!!

ドラマ「野ブタ。をプロデュース」とは??

亀梨和也✖️山下智久✖︎堀北真希✖︎脚本家・木皿泉の大ヒット作!!

◎脚本
木皿泉
「すいか」セクシーボイスアンドロボ」「Q10


第1話「いじめられっこ転校生を人気者に」

2005年10月15日放送
視聴率16.1%

◎この世の全てはゲームだby.修二

「俺が思うに、この世の全てはゲームだ。
ていうかみんな口には出さないけど、そう思わないとやってられないことばかりだ。
毎日は意味のないことの繰り返しだし、お前となんか金輪際関係ねぇだろってツッコミたくなるようなテレビで聞いた話しかしねぇやつとか、色んな意味でヤバそうなやつとか、ガキが集まってるこんな中じゃ、マジになった方が負けだ。
上手く立ち回って良いポジションを維持してれば傷つくことなくゴールまで行ける。
さーて、今日もちょっとクールででも面倒見のいい桐谷修二君、全開フル稼動といきますか。
とはいえ、完璧なこの俺にも天敵はいる。」





◎人は何を思っても自由by.キャサリン先生

「人は何を思っても自由。
私なんか頭の中で何人殺したことか。
頭は便利だよ。本当に行動しなくても思っただけでそれで切り替えて次に行けるからね。」



◎大きな木になれるかな

野ブタ「柳もまさか自分が海の上を行くなんて思ってなかっただろうね。」

修二「生きてみなきゃ何が起こるかわかんねぇもんな。」

野ブタ「あるんだ、新しく生きていける場所って。
私、大きな木になれるかな。
誰にも引っこ抜かれない大きな木になれるかな。」

修二「なるしかねぇだろ。」

修二が毎朝の日課として触っていた柳の木が、突然新しい場所へ移動されていった。
その姿を見て、自分も新しい自分として生きていけることを願う野ブタ



野ブタの名前の由来になるもの(修二が直してあげたネクタイ)




◎人の悪意との戦い
「成り行きっていうのは本当に怖いもので
いつの間にか俺が信子をプロデュースするってことで決まってしまい
時々、俺なんでこいつらとこんな大声出してるんだろうと猛烈に反省したりする
でもこれもまたゲームなんだ
なら楽しまなきゃ損だ
しかしこの時の俺にはまるで分かってなかった
この先俺たちは途方もなく暗くて深い人の悪意というものと戦わなければならないということに」




第2話 「(秘)キレイ大作戦」

2005年10月22日放送
視聴率14.9%

野ブタのために変な服を着る修二と彰

修二野ブタ
やっぱさ、髪切ろうぜ。
髪切ってブスじゃないってこと、みんなに見せつけてやろうぜ。」

野ブタ「私髪切ります。お願いします。」



◎自分はここにいる

「どんなやつだってさ、自信なんてないと思うぞ。おどおどして生きてると思うし。
本当は自分のことで精一杯で、他人のことなんか考える余裕もなくてさ。
だから、怖がる必要なんて全くないんだからさ、まずは良く思われようなんて考えないで、自分はここにいるんだってことをみんなに分からせようぜ。」



◎私はここにいます

「おはよう。
おはようございます。
私はここにいます。
おはようございまーす!」

野ブタが勇気を出して自分からみんなに「おはよう」と声をかけていく。
そんな自分が嬉しくて思わずガッツポーズの可愛い野ブタ