Mr.ドラマ(略してミスドラ)

Mr.はミスチルのMr.です。笑

朝ドラ「わろてんか」第2週 ネタバレ・あらすじ・感想・名言・視聴率・見逃し

スポンサーリンク

あらすじ



タイトル「わろてんか」とは?


人物相関図


脚本家

吉田智子
美女が野獣」「働きマン」「全開ガール」「僕らがいた」「アオハライド」など。


主題歌

松たか子「明日はどこから」


第2週 「父の笑い」

☆7話

視聴率17.7%(あれ!?めっちゃ下がった!どうなる、わろてんか!!)
◎ネタバレ
17歳になったてん。藤岡屋の娘としての行儀を身に付けながらも、相変わらずの笑い上戸。

そして、藤吉からの旅の手紙も相変わらず届いており、それを楽しみにしているてん。家族には内緒で手紙をもらい続けていたが、お母はんにバレてしまう。
もう何年も会っていないが、藤吉への憧れを捨てきれずにいるてん。
そんななか、急にてんの縁談の話がもちあがる。



◎感想
なーるほど、松坂桃李高橋一生との三角関係になっていくわけですね!
藤岡屋の娘としては、縁談の話は断れないはずですが、どうやって藤吉と結ばれるのか注目ですね!




☆8話

◎ネタバレ
視聴率19.7%(前日よりは上がったが、20%切ってしまったー!)
縁談のために、洋風のドレスを着てお見合い写真を撮ることになったてん。

だが、藤吉への思いが恋なのかどうなのか悩むてん。そんなてんに風太は、藤吉からの手紙は捨てろと言い、ケンカしてしまい藤吉の手紙を破ってしまう。
藤吉からの手紙を破られたことに、自分でも驚くぐらい涙を流してしまうてん。やはり、この気持ちは、恋なのだろうか、、
そんな時に、急に、藤岡屋の薬の倉庫が火事になってしまったという知らせが、、



◎感想
さーて、昨日の視聴率が17.7%まで急落してしまった、わろてんか!!
昨日は祭日だったから視聴率が下がってしまったのか!?それとも、このまま下がり続けるのか!?


☆9話

視聴率19.7%
◎ネタバレ
薬倉庫が炎上してしまい、金を借りに銀行に行くが断られてしまうお父はん。
どうしても伊能薬品との後ろ盾が欲しいお父はんは、早速結納の日取りを決めてしまう。
当のてんは、気持ちを決めなければならないと思い、大阪に来ているはずの藤吉に会いに行くことに。
しかし、藤吉に会えず、チンピラに絡まれてしまう。そんなてんのピンチを救った男こそが、結納の相手の伊能栞(高橋一生)だった!



◎感想
とりあえず、連休明けで視聴率回復して良かったですね笑
いよいよ高橋一生も登場したので、「ひよっこ」で竹内涼真が登場して視聴率がアップしたように、ここから視聴率アップしていけるのでしょうか!?


☆10話

視聴率19.6%
◎ネタバレ
伊能家にお邪魔した、てんと風太。そして、家に帰るとお父はんに、藤吉からの手紙がバレてしまい手紙を燃やされてしまう。
そして、薬倉庫の火災の件が取引先に知られてしまい、お父はんは資金繰りのために、新一に店を任せることにする。
しかし、新一がまた倒れてしまった。。



◎感想
高橋一生のキャラは、男から見たら少し嫌味なキャラですね笑
それより、新一大丈夫かー!!


☆11話

視聴率20.6%
◎新一からてんへの言葉
「これからはお前がお父はんを笑わせるんやで。笑うということは、人間だけの特権なんや。虫も動物も笑わへん。人間だけが笑える。
人間はお金や地位や名誉を競い合い、果ては戦争もする、アホな生き物や。人生いうんは思い通りにならん。つらいことだらけや。
そやからこそ、笑いが必要になったんやと、僕は思う。
つらい時こそ、笑うんや。みんなで笑うんや。
頼んだで。」

◎お父はんの言葉
「笑いは、人を幸せにする薬なんやな。」



◎ネタバレ
薬倉庫の火災の件が伊能薬品に知られてしまい、結納を断られてしまう。さらに、新一が長くは生きられないことを医者から宣告されてしまう。そんな追い詰められた状況で、お父はんが居なくなってしまう。
行方不明になったお父はんを、みんなで探しだす。すると、倉庫で首を吊ろうとしているお父はんを見つけ、みんなで慌てて助け出すが、首を吊ろうとしていたわけではなかった。そして、お父はんも、みんなも笑い合うのであった。



◎感想
やっぱ新一は死んじゃうんですかねー、、新一からの言葉を胸に、てんはみんなを笑わせる旅に出ることになるのでしょうか!
あれ?でも、結納断られたということは、高橋一生はもう出番無し??笑


☆12話

視聴率18.9%
◎ネタバレ
ほどなくして、新一は亡くなってしまった。だが、家族全員で笑って生きていこうとしている藤岡屋。てんは、新一の意志を継ぎ、藤岡屋を守っていこうと誓う。そして、藤岡屋のためにも、伊能と婚約をしようと手紙を書く。
すると、伊能が藤岡屋に訪れてきた。てんは、新一の論文を伊能に送っていた。この論文のおかげで、伊能薬品と藤岡屋は手を組むことに。
しかし、伊能は自由恋愛に憧れているとのことで、てんとの縁談はお断りするという。
そして、今年も薬祭りが始まる頃に、てんと藤吉は運命の再会を果たすことに。


◎感想
新一は、あっさりと死んだことなっていました、、 もう少し家族が悲しむシーンがあっても良かったんじゃないかと笑
これから、三角関係がどーなっていくのか注目ですね!


見逃した人は