Mr.ドラマ(略してミスドラ)

Mr.はミスチルのMr.です。笑

ドラマ「コウノドリ2」 第1話 あらすじ・名言・ネタバレ・感想・視聴率・見逃し

スポンサーリンク

概要


人物相関図


第1話 「赤ちゃんは未来 生まれること、そして生きること」

名言

◎冒頭のナレーションby.鴻鳥
「出産は奇跡だ。
小さな命が生まれること。
それは当たり前のことじゃない。
出産は奇跡だ。
命が命をつむぎ育んでいくこと。
その温かさが、
ぼくたちの未来を作っていく。
ようこそ、この世界に。
生まれてきておめでとう。」



◎中盤のナレーションby.鴻鳥
「赤ちゃんが生まれるのは奇跡だ。
命を懸けて新しい命が生まれること。
それはとても幸せな奇跡だと思う。
だけど、その後には現実が続いていく。」



◎「俺も手伝うから」と妻を励ます夫に、四宮先生が言った言葉
「なに言ってるんだ。
手伝うわけじゃないだろ。
あんたの子供だよ。」

これは痺れました!笑
確かに、男としては何の違和感もなく、手伝うって言い方をしちゃいそうです、、
この西宮先生の言葉には、多くの男性がハッとさせられたでしょう。



◎最後のナレーションby.鴻鳥
「出産という奇跡の後には現実が続いていく。
赤ちゃんと一緒に現実を生きるのは、
僕たちではない。
家族だ。」



◎鴻鳥先生と下屋先生のやり取り
下屋「赤ちゃんを増やそうって、みんな言ってるのに、どうしてこんなにお母さんが生きづらくなっていくのかなって。」

鴻鳥「みんな事情がある。赤ちゃんがいる人もいない人も。なにかしらの不自由さを抱えてる。
僕たちが出来ることには限界がある。その時その時、お母さんに寄り添うことしか出来ないのかもしれない。だけど、それでも目をそらしちゃいけない。みんなで乗り越えなきゃいけないことだと僕は思うんだ。
赤ちゃんは未来だからね。」


ネタバレ





感想

満足度☆☆☆☆(☆5つがMAX)
やっぱり、コウノドリは安定した内容ですね。
そして、医療ドラマは名言も多くて好きです。
当たり前だと思ってはいけないことに、たくさん気付かせてくれる名作です!


視聴率

12.9%




まとめて「コウノドリ2」を観るには


ネットで「コウノドリ2」を観るには