Mr.ドラマ(略してミスドラ)

Mr.はミスチルのMr.です。笑

ドラマ「G線上のあなたと私」の名言集・名シーン集・感想・ネタバレ⑤

スポンサーリンク

今回のドラマ名言集・名シーン集シリーズは、「G線上のあなたと私」からの名言・名シーンです!(ネタバレ・あらすじ・感想含みます。)

第7話は、也映子の気持ちに泣き、幸恵さんの優しさに泣きました。
そして第8話は、3人のバイオリン集大成のような回で、3人の関係性が優しくて泣きました。
ただ、理人の告白ここまで引っ張るなら、次回どんな最高の告白するのかめちゃくちゃハードル上がっておりますよ、公式さん!!笑

第7話 「大人になるとき」

2019年11月26日放送
視聴率8.6%

◎0.5秒
理人「こういう時は来ないのな!!」

也映子「え?」

理人「弓だけ送ってくるって何?」

理人「今から会える?」

也映子「。。。」

理人「あ、じゃあ明日も早いから。
弓、ありがとうございました。」

也映子「え?」

理人「え?」

也映子「ううん。じゃね。」

理人「じゃあ。
即答しろよ。こえぇよ。」

也映子「あと0.5秒早く応えられてたら。。」


◎俺は!

也映子「待って!
私たち3人で行ったら、眞於先生、先生の顔になっちゃわないかな。
たぶん今、先生に必要なのは、何にもなくなっちゃった自分の失くしちゃった過去のことも今のことも全部知っててくれて受け止めてくれる人だと思う。
それはあなただと思う。あなたしかいないと思う。
だから、今は理人くんが一人で行くべきだと思う。」

理人「でも、俺が今一人で眞於さんのとこ行ったら、別の意味が生まれちゃうでしょ。
それは違う!
俺は、、今はあなたのこと、、」

也映子「全部、、人間愛だよ。
恋とか愛とかばっかりじゃないよ。
私たちの間にあるものって。
私たちってこの3人だけじゃない。
眞於先生も含めてだよ。
ここは、人間愛で繋がってんの。
ラブソングはラブソングでも、人間ラブの方。
こういう関係ってホント最高!ラブアンドピースだよね!」

理人「ふざけんなよ!こんな時まで!
俺は!」

也映子「嫌だよ。
あなたの少なくとも人生の4分の1はずっと思い続けてきた人でしょう?
その人が一番苦しい時に、知ってて行ってあげないあなたは嫌だよ。
それに、今行かずにもしもう眞於先生と会えなくなったら、この先理人くん自身が一生後悔することになると思う。
それってたぶんきついよ。
私、眞於先生のバイオリンが好きで、眞於先生のバイオリンに救われたの。
今溺れて息ができなくなってるのは、眞於先生だよ。
だから助けに行ってあげてほしい。」



◎なくしてほしくない

幸恵「あのね、也映子ちゃん。もしね、もしだけど、理人くんに付き合ってほしいって言われたらどうする?」

也映子「付き合います!!」

幸恵「即答だね!」

也映子「だってこの先、私が誰かに付き合おうって言われるかどうかなんてもう分かんないじゃないですか。
ましてやこっちは30手前で8歳も年下のキラキラした男子に付き合ってくれと言われるのってもう完全にイタイ妄想かファンタジーの世界じゃないですか。
そんなことがもし現実に起こったら、スルーできるわけないですよ。
3日で破局するよって神様に言い渡されてたとしても、付き合いますよ。」

幸恵「じゃあ何で?
どうして今さら理人くんを眞於先生の所に行かせるの?」

也映子「あの人、暗いし、素直じゃないし、口悪くってズバズバ言うくせにヘタレで、言動が若すぎて見ててイッターって思うとこばっかです。
けど、、でも、、嫌になるほど他人のことよく見てるし、めちゃめちゃ優しいし、絶対弱ってる人のことを見過ごしたりできない人です。
そういうとこ、なくしてほしくない。」


◎行かないで

也映子「痛い。。」

幸恵「どうした?」

也映子「胸が、、痛い。。」

幸恵「え?」

也映子「幸恵さん、何ですかねこれ。
私28で心筋梗塞ですかね、やばいですよね。。」

幸恵「何言ってるの、どうしたの?」

也映子「イッタ、、幸恵さん、痛いです。。。
何ですかこれ、、なんなんですかこれ、、変なの、、なにこれ?嫌だこんなの、、苦しい、、息が、、できない。。。」


幸恵「だからもう、、バカね也映子ちゃん。。」


也映子「幸恵さん。。。」


也映子(これが泣いてすがる人の感覚なのかもしれない。
体中の細胞が『行かないで』って言ってた。)







第8話 「親愛なる人々へ」

2019年12月3日放送
視聴率

◎ありがとうby.幸恵

「年齢も立場も違う3人です。
バイオリン教室がなければ出会うことのなかった3人です。
それが笑ったり泣いたり時々もめたりしながら、弾けない人よりはほんのちょっとだけ弾ける、バイオリン好きの大人になることができました。
私もこの歳になってよもやこんな若くて楽しい仲間が、、できるなんて、、思ってもみませんでした。。ありがとう、也映子ちゃん、理人くん。」


◎眞於先生がくれたものby. 也映子

「大人のバイオリン教室は、色んな人がゆるっとふわっとバイオリンだけで繋がっている場所なので、上手くなったところで何の役にも立たないし、別にどうしても続けなきゃいけないとかそんなこともない。
仕事や学業が忙しくなったり家族に何かあれば、まず一番最初に生活から消える。そういうものです。
実際、私たちが1年半かけて弾けるようになったバイオリンはあの程度で。
でも、あの時、真っ暗な海に放り出されたみたいだった私たちに唯一投げられた浮き輪みたいにこのバイオリンが私たちをギリギリの所で救ってくれました。
音楽はそういう時に出会うんだって、眞於先生が言ってました。
今、眞於先生自身はこのバイオリンや音楽というものに対してとっても悔しい苦しい思いをしてるのかもしれない。それは私には想像のつかない世界で、眞於先生の気持ちは私には分かりません。
でも、少なくとも私は眞於先生のバイオリンが大好きで先生のおかげでここまで来れた。
きっと私はこの先、たとえバイオリンを続けてなかったとしても何度も何度も先生が出会わせてくれた音楽に救われると思います。
眞於先生は私にそういうものをくれました。」





◎救われましたby. 眞於

「まさかこんなことになるとは思わなかった。
私救われてしまいました、あの3人のバイオリンに。
3人のG線上のアリア、最高だったって伝えてください。」

眞於先生、幸せになってくれーー泣
最終回までに眞於先生が幸せになった姿も見せてほしい!!


◎幸恵さんの表情演技

理人「也映子さん!」

也映子「あ、はい!?」




理人「いやダメだな、却下。」

也映子「はい?」


理人「酒の勢いで言って、また全然覚えてないとか思われても困りますから。」

也映子「勝手に自己完結しないでください。」

理人「すいません。。」

也映子「いえ。」

理人「あの、、明日日曜、時間ありますか?
会って話したいです。」




也映子「分かりました。。」






幸恵さん、目力スゴイから、裏で操る黒幕みたいになってる笑笑
幸恵さんの表情演技サイコー笑笑



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村